JCCテレビすべて
最新のTV情報
2017年02月23日(木)
最新TV速報
     
【最新のTV情報】
2017/02/17
日本テレビ 【news every.】
元島民が航空機で・4月にも北方領土墓参りへ
関連記事
02/23(木)
(BS1[BSニュース])
北方領土・ロシア・ショイグ国防相“新師団を配置”防衛力強化鮮明に
ロシア・ショイグ国防相は北方領土を含む島々について“我々は島々を防衛するため積極的な行動を続けている”と述べた上で、今年中に軍の新しい師団を配置する考えを明らかにした。
北方領土を含む島々では現在、択捉島と国後島に計3500人規模のロシア軍が駐留しているとされ、最近では新型の地対艦ミサイルシステムが配備されたことが明らかになったばかり。
日本とロシアは来月、いずれも東京で北方領土での共同経済活動に関する外務次官級の協議や外務・防衛の閣僚会議などを開催する予定だが、ロシアとしては対話が活発化する中でも自国の領土だとしてこの地域の防衛力を強化する姿勢を鮮明にしている。
在ロシア日本国大使館・上月豊久大使は“北方領土問題に関するわが国の立場に相容れず遺憾”と述べた。
ロシア・ショイグ国防相(モスクワ)、北方領土(資料)、在ロシア日本国大使館の映像。
上月豊久大使のコメント。
02/23(木)
(BS1[BSニュース])
北方領土・ロシア・ショイグ国防相「新師団を配置」防衛力強化・鮮明に
ロシア下院議会での説明でロシア・ショイグ国防相は北方領土を含む島々について「われわれは島々を防衛するため積極的な行動を続けている」と述べ、ことし中に軍の新しい師団を配置する考えを明らかにした。
北方領土を含む島々では択捉島と国後島に合わせて3500人規模のロシア軍が駐留しているとされ、最近では新型の地対艦ミサイルシステムが配備されたことが明らかになったばかり。
日本とロシアは来月いずれも東京で北方領土での共同経済活動に関する外務次官級の協議や外務や防衛の閣僚会議などが開催される予定だが、ロシアとしては対話が活発化する中でも自国の領土だとしてこの地域の防衛力を強化する姿勢を鮮明にしている。
上月豊久ロシア大使は「北方領土問題に関するわが国の立場に相容れず遺憾」と述べた。
02/23(木)
(NHK総合・東京[あさイチ])
ロシア・北方領土など・新しい師団配置へ
ロシア・ショイグ国防相(モスクワ)は北方領土を含む島々について「われわれは島々を防衛するため積極的な行動を続けている」と述べ、ことし中に軍の新しい師団を配置する考えを明らかにした。
北方領土を含む島々では択捉島と国後島に合わせて3500人規模のロシア軍が駐留しているとされ、最近新型の地対艦ミサイルシステムが配備されたことが明らかになった。
日本とロシアは来月いずれも東京で北方領土での共同経済活動に関する外務次官級の協議や外務や防衛の閣僚会議(2+2)などが開催される予定だが、ロシアとしては対話が活発化する中でも自国の領土だとしてこの地域の防衛力を強化する姿勢を鮮明にしている。
上月豊久ロシア大使は「北方領土問題に関するわが国の立場に相容れず遺憾」と述べた。
本日の「news every.」...
関連ページ
いま政治は
いま海外は
気になる話題


▲画面のトップへ