JCCテレビすべて
最新のTV情報
2017年02月24日(金)
最新TV速報
     
【最新のTV情報】
2017/02/17
テレビ朝日 【スーパーJチャンネル】
「多国籍請負暗殺団」が?脱北者指摘する可能性・北朝鮮工作員・暗殺の歴史
関連記事
02/24(金)
(テレビ朝日[ワイドスクランブル])
暗殺・テロ・過去にも北朝鮮「猛反論」の歴史・徹底検証
北朝鮮・金正恩委員長の異母兄・金正男の殺害事件。
直接的な軍事行動に限らず、北朝鮮には他国の陰謀を主張してきた歴史がある。
1987年・大韓航空機爆破事件(乗員乗客115人死亡)。
逮捕された北朝鮮工作員・金賢姫元死刑囚は、日本人・蜂谷真由美に成りすましていた。
金元死刑囚は犯行を認めていたが、北朝鮮代表は国連安全保障理事会で「米国と日本から爆弾と大金を受け取り、韓国出身の女を北朝鮮のテロリストとして仕立て上げた」と他国の自作自演と強調。
1983年・ラングーン事件。
ビルマ(現ミャンマー)を訪れた韓国・全斗煥大統領(当時)を狙った爆弾事件で、韓国人とビルマ人計21人が死亡。
その中には韓国の閣僚4人(動力資源相、商工相、外相、副首相)も含まれていた。
朝鮮人民軍特殊部隊の3人が逮捕。
全斗煥大統領(当時)は「大韓民国に対する宣戦布告と同じ重大な挑発だ」と述べた。
北朝鮮は「独裁者・全斗煥を排除しようとした韓国による事件」と主張。
北朝鮮の犯行と断定したビルマは友好国だったが国交断絶。
パスポートのコピー、韓国・ソウル・ラングーン事件国民葬の映像。
写真:ゲッティ。
金日成について言及あり。
本日の「スーパーJチャンネル」...
関連ページ
いま政治は
いま海外は
気になる話題


▲画面のトップへ