JCCテレビすべて
最新のTV情報
2017年02月26日(日)
最新TV速報
     
【最新のTV情報】
2017/02/17
日本テレビ 【news every.】
金正男“暗殺”・“映像”から分かる女の詳細
関連記事
02/26(日)
(テレビ朝日[報道ステーションSUNDAY])
暗殺現場の28分…新たな疑惑・北朝鮮籍の男が犯行指揮か?
金正男殺害の様子は空港内に設置された複数のカメラが捉えていた。
金正男が担架で運ばれた28分間を完全解析。
事件の舞台となったのはクアラルンプール国際空港第2ターミナル(LCC専用)の出発ロビー。
容疑者と接見したインドネシア大使館員は「ベビーオイルか油のような物を渡されたと言っていた」と述べた。
マレーシア警察によると殺害に使われたのは猛毒VX。
ロサンゼルスタイムズ紙は「毒性の低い2つの物質を顔の上で混合させてVXを生成した可能性がある」としている。
映像を解析すると、監視役とされた男が至近距離で犯行を指揮していた可能性が出てきた。
金正男は「何かを顔に塗られた目まいがする」と訴えていた(ニューストレーツタイムズ)。
容疑者の男4人は飛行機でマレーシアを出国。
北朝鮮大使館・2等書記官らが見送っていたとみられる。
画像解析:ノーリツプレシジョン。
昭和大学薬学部・沼澤聡教授が「(VXは)皮膚に付着した場合、吸収されるまで一定の時間がかかる」と述べた。
マカオに言及。
02/26(日)
(テレビ朝日[報道ステーションSUNDAY])
「外交郵便」の可能性も?正男殺害・VXはどこで
北朝鮮・金正男殺害に使われたとみられる猛毒VXについて、韓国メディアが外交郵便を悪用してマレーシア内に持ち込んだ可能性を指摘した。
英国のメディアは金正男の娘が現地入りすると報じたが、今のところ確認できていない。
きょう防護服を着た多くの捜査員がクアラルンプール国際空港の中を検査した。
かつてオウム真理教が製造していた化学兵器の中で最も毒性が強いとされるのがVX。
地元メディアによるとマレーシア警察はクアラルンプール市内のマンションの一室で複数の化学物質や手袋などを押収した。
外交文書は本国と大使館が公文書などをやりとりするもので、他国が開封できず、検査もない。
1984年、台湾駐在のドミニカ共和国大使が覚醒剤の密輸に外交郵便を使用していた。
マレーシア警察は2等書記官に重要参考人として事情聴取を求めている。
クアラルンプール首都病院、在マレーシア北朝鮮大使の映像。
画像解析:ノーリツプレシジョン。
元陸上自衛隊化学学校校長・山里洋介が「徐毒設備が必要。
作るとすれば軍に関係した施設、あるいは人」と述べた。
税関に言及。
02/26(日)
(TBSテレビ[サンデージャポン])
金正男・殺害から約2週間・女の素顔は…影武者説も?
北朝鮮・金正恩党委員長の兄・金正男の暗殺から約2週間。
実行犯の女2人(ベトナム国籍の女、インドネシア国籍の女)の素顔を徹底取材。
マレーシア警察は3人の男を重要参考人としているが、このうちの2人が北朝鮮大使館二等書記官・ヒョングァンソンと高麗航空職員の男で、まだマレーシアの国内に潜伏しているという。
正男の遺体から猛毒VXが検出されたことが明らかになっている。
事件に関する様々な憶測が飛び交うなか、今週発売の「FRIDAY」に金正男に影武者が存在したという記事。
正男は背中や腹に入れ墨を入れていたが、病院に搬送される直前の画像では入れ墨が消えていたという。
この影武者説を明治天皇の玄孫/作家・武田恒泰がいち早く取り上げていた。
約3年前にマカオのホテルロビーで正男と影武者を見かけたという。
デモに言及。
クアラルンプールのマッサージ店員、マレーシア議員のコメント。
防犯カメラ(クアラルンプール国際空港)、マレーシア警察の会見、北朝鮮在マレーシア大使館の映像。
容疑者のものとみられるFacebook。
東京スポーツの紙面。
本日の「news every.」...
関連ページ
いま政治は
いま海外は
気になる話題


▲画面のトップへ