JCCテレビすべて
最新のTV情報
2017年01月21日(土)
最新TV速報
     
【最新のTV情報】
2017/01/14
テレビ朝日 【ANNニュース・あすの空もよう】
基準の79倍のベンゼン検出・豊洲市場の地下水モニタリング調査
関連動画
豊洲 石原氏の責任検証へ 土地購入の経緯調査 小池知事 (再生)
東京都の小池百合子知事は20日の定例記者会見で、豊洲市場(江東区)の土地購入を巡る住民訴訟に関し、購入当時の都知事だった石原慎太郎氏に賠償責任はないとしていたこれまでの都の方針を見直すと表明した。庁内に特別チームを設置し、用地選定や契約の経緯のほか、石原氏の法的な責任の有無を調べる。記事詳細://www.47news.jp/news/2017/01/post_20170120155607.html

豊洲、地下水再調査へ 3月に公表、専門家会議 (再生)
築地市場(東京都中央区)の移転先となる豊洲市場(江東区)の地下水モニタリング調査の最終結果で、有害物質のベンゼンが最大で環境基準の79倍検出されたことが14日、分かった。都が同日午後に開いた豊洲の土壌汚染対策を検討する「専門家会議」に暫定値として報告した。「専門家会議」座長の平田健正放送大和歌山学習センター所長は記者会見し、近く再調査を実施して3月中に結果を公表する考えを示した。記事詳細://www.47news.jp/news/2017/01/post_20170114170405.html
関連記事
01/21(土)
(フジテレビ[ユアタイム])
石原に責任?豊洲で“方針転換”
築地市場の豊洲移転問題。
これまで東京都は石原に損害賠償責任は存在しないとの立場で臨んできたが、小池都知事はその方針を見直す可能性を示した。
元々東京ガスの工場跡地だった豊洲新市場への移転が決まったのは、2001年の石原都知事時代。
これまで豊洲市場をめぐって石原は「わかりません。
全部下任せです。
(小池知事とは)いつでも会う」などと発言していた。
小池都知事は石原について「豊洲について情報提供するという話をいただいている」と述べ、石原からヒアリングを行うと明言した。
ところが石原はヒアリングを拒否。
3カ月経ち再び石原への矛先を強め始めた小池都知事。
石原は豊洲移転問題について今週「青島のころから(移転が)決まっていた」と話し、1999年まで都知事を務めた青島都知事時代には豊洲に決まっていたと説明している。
今回の小池都知事の発言を受けての石原からのコメントはない。
小池都知事は「石原元知事が『ここ(豊洲)は安全な土地にする。
日本の技術を使えばいい』と言っていたが、結果としてこのような状況になっている。
負の遺産を考えるとこれまでと同じ訴訟の方法、同じレールに乗っている方が無理がある」と述べた。
小池都知事は住民訴訟について代理人弁護士を交代させた上で新たに訴訟対応チームを設置し事実関係を明らかにする考え。
01/20(金)
(TBSテレビ[NEWS23])
豊洲市場の土地購入めぐり・都が石原の責任検証へ
小池百合子都知事は「石原元知事に責任があるのかどうか、あるとすれば東京都に与えて損害の額がいったいどのくらいなのか驚くような数字が住民訴訟の方から出ている」とコメント。
小池知事が都の方針を見直すとしたのは2012年に住民が起こした豊洲市場の土地購入をめぐる住民訴訟。
訴状によると「土壌汚染が確認されていながら汚染対策費を考慮せず購入したのは違法」などとして東京都に対し石原元知事に損害賠償を請求するよう求めた。
これまで石原元知事に責任はないとして都の方針を見直し弁護団を一新して特別チームを設置。
石原元知事の責任の有無など改めて検証する。
1級建築士・水谷和子は「これを契機に事実関係が明らかになっていくのはありがたい」とコメント。
東京都は来週にも特別チームの編成に取りかかる方針。
01/20(金)
(テレビ朝日[報道ステーション])
豊洲住民訴訟で小池知事・石原元知事の責任を再検証へ
地下水から環境基準の最大79倍の有害物質が検出された豊洲市場の問題。
東京都・小池百合子知事の口から飛び出した石原慎太郎元知事の損害賠償責任。
豊洲市場をめぐる住民訴訟についての発言。
豊洲の土地売買が石原知事(当時)の裁量権を越えた契約であるとして住民が東京都に対し、石原元知事へ土地購入費用578億円を請求するよう求めている。
小池知事は「都の弁護団を一新して特別チームを編成、石原元知事の責任の有無を含む都の対応を再検証する」としている。
関連ページ
気になる出来事


▲画面のトップへ