JCCテレビすべて
最新のTV情報
2017年01月21日(土)
最新TV速報
     
【最新のTV情報】
2017/01/14
BS1 【BSニュース】
この冬一番強い寒気・日本海側中心に大雪・交通影響など警戒
関連動画
京都の雪景色に多くの観光客 各地に厳しい寒波続く (再生)
数年に1度の強い寒気が流れ込んだ日本列島は15日、全国的に厳しい冷え込みとなり、各地で今季最低気温を観測した。北日本から西日本の日本海側を中心に大雪が続き、16日にかけて大雪が降るとして、気象庁は交通障害や除雪中の事故に注意を呼び掛けた。 気象庁によると、北日本から東日本の上空約5千メートルに氷点下39度以下の寒気が流れ込んでおり、日本列島付近は強い冬型の気圧配置となっている。この冬一番の寒波が到来した京都では10センチの積雪となり、観光地の清水寺や東寺は雪に覆われた。また嵐山では珍しい京都の雪景色を見ようと海外を含む多くの観光客が訪れた。なかでも嵐山のシンボル渡月橋では、雪が時折強く舞う天候にも関わらず、多くの人が雪景色の写真を撮ったり記念撮影をしたりしていた。
関連記事
01/20(金)
(NHK総合・東京[ニュースチェック11])
日本海側中心に荒れた天気警戒
発達中の低気圧の影響で西日本や東日本の日本海側を中心に荒れた天気が必要。
最大瞬間風速、予想・最大風速、最大瞬間風速。
山沿いを中心に雪が降る見込み。
降雪量(予想・~あす夕方)。
その後、あさってから23日にかけては、日本海側を中心に広範囲でまとまった雪が降る可能性がある。
気象庁は暴風や高波、吹雪による交通影響に警戒するよう呼びかけている。
山口・萩、広島市、北九州・八幡西区の映像。
01/20(金)
(NHK総合・東京[ニュースウォッチ9])
荒れた天気・あす朝にかけ吹雪も・暴風・高波など警戒
あす朝にかけは東日本でも風が強まり、西日本と東日本の日本海側を中心にところにより吹雪の見込み。
予想最大風速・予想最大瞬間風速:中国地方、四国、近畿、北陸、九州北部、東海を紹介。
あす昼頃にかけては日本海側の山沿いを中心い雪が降る見込み。
予想降雪量:近畿、長野県、中国地方、東海、北陸、新潟県、関東北部、東北太平洋側、山口県、四国を紹介。
気象庁は、暴風、高波、吹雪による交通への影響に警戒、路面凍結、雪崩、落雷、竜巻などの突風にも十分注意するよう呼びかけている。
山口、福岡市中央区の映像。
(中継)福島。
01/20(金)
(NHK総合・東京[ニュースウォッチ9])
荒れた天気・低気圧が発達中・西日本中心に風強まる
きょうは東京でも雪がちらつく時間があった。
発達中の低気圧の影響で、あす朝にかけて西日本や東日本の日本海側を中心にところによって吹雪になる見込み。
暴風や高波などに警戒が必要。
最大瞬間風速:鳥取空港30.9m。
気象庁によると西日本の沿岸部を中心に風が強まっている。
福岡市東区の住宅団地では、補修のために組まれていた足場が倒れた。
日本海側の山沿いを中心に雪が降り、東京でも日中、雪がちらついた。
(中継)岡山・岡山空港。
愛媛・松山市、岐阜・高山市、東京・上野、渋谷の映像。
関連ページ
気になる出来事


▲画面のトップへ