JCCテレビすべて
最新のTV情報
2017年01月21日(土)
最新TV速報
     
【最新のTV情報】
2017/01/14
BSフジ 【プライムニュースSUPER】
民進党・野田幹事長に問う・接近?小池知事との連携は
関連動画
中国系団体、蔡総統に抗議 米西部「台湾独立に反対」 (再生)
台湾の蔡英文総統が宿泊する米西部サンフランシスコのホテルの前で14日午前(日本時間15日未明)、中国と台湾の統一を目指す中国系の五つの団体が蔡氏への抗議活動を行った。中国出身の住民ら約300人が中台は不可分の領土とする「一つの中国」原則を守るよう主張し、中国国旗を振りながら「台湾独立に反対」「中国統一」などと声を上げた。蔡氏が主席を務める民主進歩党(民進党)は「一つの中国」原則を認めておらず、蔡氏と昨年12月に異例の電話会談を行ったトランプ次期米大統領も同原則に縛られない考えを表明。中国は反発を強めており、抗議活動は蔡、トランプ両氏の接近を懸念する中国当局の意向に沿って組織されたとみられる。中米4カ国の歴訪を終えた蔡氏は13日夜、経由地のサンフランシスコに入り14日夕に帰途に就いた。記事詳細://www.47news.jp/news/2017/01/post_20170115104105.html
関連記事
01/20(金)
(TBSテレビ[Nスタ])
施政方針「同盟の絆強化」・重要政策めじろ押し
今日、日本では第193回通常国会召集。
安倍総理は施政方針演説で「日米同盟こそが我が国の外交・安全保障政策の基軸、早期に訪米しトランプ新大統領と同盟の絆を強化する考え」と述べ経済政策より先に日米同盟の強化に触れた。
トランプ新大統領就任後の優先課題の1つが「TPPからの離脱表明」。
安倍総理は去年1月の施政方針演説でTPPをアピールしていたが今や先行きは不透明。
今日の演説では「自由貿易の旗手として公正なルールに基づいた21世紀型の経済体制を構築するTPP協定の合意はスタンダードであり今後の経済連携の礎となるもの」とTPPに触れたのは1度のみ。
内政の課題については「壁」に挑戦し実績を上げてきたと強調。
トランプ新大統領については政府与党内からも発言が相次いだ(麻生太郎副総理など)。
憲法改正、憲法審査会に言及。
今国会は解散をにらみ与野党の対立激化が予想される。
国会会期末は6月18日、夏には都議会議員選挙。
天皇陛下の退位をめぐる法整備など今国会も重要課題が山積。
国会議事堂、米国・ニューヨーク、TPP署名式(去年2月)、閣議後会見、自民党両院議員総会、民進党両院議員総会、東京都・小池百合子知事の映像。
CABINET PUBLIC RELATIONS OFFICE。
民進党・蓮舫代表、公明党・山口那津男代表、民進党・榛葉賀津也参院国対委員長のコメント。
01/20(金)
(TBSテレビ[ゴゴスマ~GOGO!Smile!~])
豊洲問題・想定超える汚染物質発覚・移転?白紙も・具体的な方針は?
きょう行われた小池都知事の定例会見を解説。
豊洲新市場への移転時期について小池都知事は「現時点での評価は困難。
専門家会議の“科学的な評価”をふまえて移転については総合的に判断」とコメント。
「判断の時期は」の質問に小池都知事は「クロスチェックをして流れを見ながら。
調査の疑義に対して不安に思っている。
改めて信頼度の高い調査をしていく」、「豊洲移転白紙はあるのか」の質問に「今その判断を重ねているところ。
ただ、いつまで待つかは悩むところ。
安全性は数値だけでなく消費者心理との兼ね合いもある」と答えた。
石原慎太郎元都知事に対して小池都知事は「石原元都知事の責任と都への損害額を明確にしていく」とコメント。
「魅力的な街」に東京が選ばれたという。
税金、都税、公明党、自民党、民進党、都議会議員選挙、米国・トランプ次期大統領、東京五輪に言及。
政治心理学者・川上和久(国際医療福祉大学教授。
政治によるPR戦略、情報操作の実態に精通)、政治ジャーナリスト・角谷浩一(「東京タイムズ」「週刊ポスト」記者、編集者、民放報道局などを経て独立)、ますだおかだ・増田英彦、CBC論説室室長・石塚元章(報道一筋35年。
JNN海外特派員、ニュースキャスターを歴任するニュースの鬼)、黒田知永子のスタジオコメント。
01/20(金)
(日本テレビ[情報ライブ ミヤネ屋])
会見速報・豊洲・五輪費用・小池新党・都議選・“自民応援”報道・小池都知事「捏造」真相は?
小池都知事が定例会見を行っている。
注目点は、豊洲、五輪費用、小池新党、都議選など。
元東京都知事・猪瀬直樹(小池塾「希望の塾」講師、著書「東京の敵」)が、スタジオで豊洲移転の裏側、小池都知事定例会見の注目点について解説。
都議会議員選挙では、小池都知事は「都民ファーストの会」を地域政党にし、来週にも現職都議ら4人を1次公認するという話が出てきた。
公認されるのは、上田令子都議、両角穣都議、音喜多駿都議、七人の侍・本橋弘隆豊島区議。
東京都議会の勢力図(自民党、公明党、共産党、民進党、他)を紹介。
小池都知事は、過半数確保を目指している。
千代田区長選は、都議選の前哨戦となる。
立候補を表明しているのは、小池都知事が支援する現職・石川雅己、自民党都連が推薦する与謝野信(おじは与謝野馨元財務大臣)。
茨城・つくば市長・五十嵐朝青。
“小池の乱”は、3連戦。
ラウンド1は、千代田区長選。
ラウンド2は、都議会での多数派争い。
「都民ファーストの会」公認の4人と親小池系の公明・民進と都議会自民党の対立になる。
ラウンド3は衆議院選。
東京五輪費用負担問題では、大会経費・1兆8000億円-組織委員会の負担・5000億円=1兆3000億円を誰が負担するのか決まってない。
政府・東京都・組織委員化の3者トップ協議の日程は未定。
豊洲市場では、環境基準の79倍のベンゼンが検出された。
安倍首相×小池都知事の会談、東京・江東区・豊洲新市場の映像。
の映像。
(中継)東京・ミヤネ屋・汐留St。
ガダルカナルタカは「都議選に勝ったら新党を立ち上げるのでは」、ジャーナリスト・手嶋龍一は「安倍首相とも関係を悪化させず、政局を睨んでいる」、読売テレビ解説委員・春川正明は「最終目標は首相では」とスタジオコメント。
関連ページ
いま政治は
いま海外は
気になる話題


▲画面のトップへ