JCCテレビすべて
最新のTV情報
2017年02月25日(土)
最新TV速報
     
【最新のTV情報】
2017/01/12
日本テレビ 【news every.】
トランプ肝いり政策は?ロシアへの態度に変化も
関連記事
02/25(土)
(テレビ朝日[朝まで生テレビ!])
視聴者の意見
視聴者の意見「安倍政権の評価するところとしないところ」を紹介。
積極的平和主義、雇用、株価、物価、給料、景気、貧困、拉致問題、労働問題、自衛隊海外派遣、安保法、共謀罪、外国への資金援助、格差、プレミアムフライデー、安全保障、中国、韓国、外交、景気対策、ベア、憲法改正、米国・トランプ大統領、沖縄、被災地、民主主義、明治時代、共謀罪、自民党、ロシア・プーチン大統領、北方四島、米国基地での日本人への暴行について言及あり。
02/24(金)
(BSジャパン[日経プラス10])
米欧関係の行方・鍵は「ロシア」
ロンドンからテレビ東京ロンドン支局長/BSジャパン・豊島晋作の報告。
NATOは今年に入り、バルト三国(エストニア、ラトビア、リトアニア)での兵力を増強するなど、ロシアとの緊張が高まっている。
フィナンシャルタイムズ・サムジョーンズエディターは「実はロシアは領土を拡大したいとは思っていない、NATO内に問題を起こしたい、プーチンはNATOを分裂させたい、バルト諸国に圧力をかければNATOの分裂が可能だと分かっている、バルト諸国に危機を起こし、他のNATO加盟国が支援するかを見極めたいのだ」とコメント。
ヨーロッパはマクマスター補佐官が考える現実路線が望ましいと考えているようだが、トランプ大統領の出方が読めない以上、先行きは見通しにくい状況。
リトアニアに派遣されたドイツ軍、東部ウクライナ、ロシア・プーチン大統領の映像。
02/24(金)
(BSジャパン[日経プラス10])
米国政権は新ロシア派?
ロンドンからテレビ東京ロンドン支局長/BSジャパン・豊島晋作の報告。
米国の主要閣僚がNATOの重要性を訴えてもヨーロッパの不信感が消えない背景には、トランプ政権のロシアに対するスタンスがはっきりしないことがある。
ロシアよりの発言を繰り返してきたトランプ大統領が、新ロシア派とされるフリン大統領補佐官を政権発足からわずか3週間で解任。
反ロシア派のマクマスター陸軍中将を指名。
フィナンシャルタイムズ・サムジョーンズエディターは「外交の中でもロシアとの関係は最も重要、米国がロシアと接近することは欧州には悪影響、プーチン大統領はそれを分かっていてNATOの足並みを乱すことを狙っている」とコメント。
米国・トランプ大統領、ロシア・プーチン大統領の映像。
安全保障に言及。
関連ページ
いま政治は
いま海外は
気になる話題


▲画面のトップへ