JCCテレビすべて
最新のTV情報
2017年01月23日(月)
最新TV速報
     
【最新のTV情報】
2017/01/11
TBSテレビ 【NEWS23】
米国・オバマ政権8年の“遺産”同性愛者↑貧富格差↓
関連記事
01/22(日)
(NHK総合・東京[これでわかった!世界のいま])
“アメリカファースト”トランプ政権始動
スタジオで米国・トランプ大統領の外交について国際部デスク・花澤雄一郎(米国担当。
大統領選挙取材経験豊富)が解説。
米国大統領は米軍の最高司令官。
政変や紛争があれば空母などを展開したり、軍事介入することもある。
米国は「世界の警察官」とも呼ばれた。
米国が世界の警察官として振る舞い、せかいにどれだけ影響を与えたか、紙芝居で解説。
9.11同時多発テロを受けてテロとの戦いを始めたブッシュ元大統領。
イラク・フセイン政権やアフガニスタンの武装勢力と戦争。
オバマ政権はシリアやウクライナの問題でリーダーシップをとることができず、ISや新たな脅威が広がったと批判される。
ロシアや中国が台頭し、シリアの内戦は解決の糸口も見えない。
篠井英介が「アメリカファーストばかり連呼している」とスタジオコメント。
経済、安全保障について言及あり。
01/22(日)
(TBSテレビ[サンデーモーニング])
トランプ大統領の「基本政策」米国第一主義で世界は?
就任演説で政策の実現を訴えた米国・トランプ大統領。
就任直後、ホワイトハウスウェブサイトで基本政策を発表。
最初に掲げられたのが米国第一主義のエネルギー計画。
シェールガス革命を進め新たな雇用を生み出すとの方針を示し、オバマ政権がパリ協定の目標達成のために作成した温室効果ガス削減計画の廃止を宣言。
外交でも米国第一主義、力による平和の実現を掲げた。
イスラム過激主義を地球から根絶するとした上、米軍について他国がわが軍をしのぐ軍事力を持つことは許さないと世界最強を目指す方針を掲げた。
具体的には北朝鮮やイランを念頭に最新鋭のミサイル防衛システムの開発、オバマ政権が進めた軍事費の削減をやめ、上限撤廃などを行なうとしている。
基本政策ではメキシコとの国境を念頭に不法移民やギャング、ドラッグの流入を防ぐため壁を築くとしている。
TPP(環太平洋パートナーシップ協定)の離脱を正式に表明。
またNAFTA(北米自由貿易協定)についてもメキシコとカナダが再交渉に応じない場合は離脱を通知するとの方針を掲げた。
こうした政策は労働者の賃金の安いメキシコに工場を作り、無関税で米国に自動車などを輸出していた日本企業に大きな影響を与えそう。
トランプ大統領が掲げる政策について中国・環球時報は21日、電子版で米国と中国との間で貿易摩擦は高い確率で起きるだろうとの社説を掲載、危機感を示した。
オバマ政権の国際協調路線から大きく舵を切る米国第一主義は世界に何をもたらすのか?トランプ政権の基本政策・脱オバマ政権・TPP離脱、NAFTAの再交渉、気候変動行動計画の撤廃、安全保障・イスラム国撲滅、軍事費の上限撤廃、ミサイル防衛システム強化、治安と雇用・国境に壁を建設、年率4%の経済成長、10年間で2500万人の新規雇用。
東京大学大学院教授・西崎文子がトランプ政権の不安材料・支持率、閣僚ポスト(ジェームズマティス国防長官、ジョンケリー国土安全保障長官、レックスティラーソン国務長官候補(前エクソンモービルCEO)、スティーブンムニューチン財務長官候補(ゴールドマンサックス出身))、利益相反について解説。
寺島実郎、関西学院大学客員教授・大崎麻子、岸井成格のスタジオコメント。
ワシントンの映像。
米国国防総省提供。
記者会見、不動産業に言及。
01/22(日)
(日本テレビ[シューイチ])
米国・トランプ大統領「県曲を国民に取り戻した」オバマ政権を批判
米国・トランプ大統領は「米国はあなたたちの国だ。
再び市民がこの国の支配者になった日として歴史に残るだろう」とスピーチ。
歴代大統領も歴史に残る演説を行ってきた。
ケネディ元大統領、ブッシュ元大統領、オバマ前大統領の演説を紹介。
歴代大統領は世界の融和や協調など米国のあり方を話してきた。
トランプ大統領は米国第一主義を強調、経済や雇用の改善を熱弁。
スローガン「米国を再び偉大にする」と宣言。
米国・ワシントンの映像。
貿易、税制、移民、外交について言及あり。
関連ページ
いま政治は
いま海外は
気になる話題


▲画面のトップへ