JCCテレビすべて
最新のTV情報
2016年12月11日(日)
最新TV速報
     
【最新のTV情報】
2016/12/02
BSフジ 【プライムニュース】
<FLASH>岸田外相・プーチン大統領と会談へ
関連動画
日本とロシアはどう付き合うべきか  西部邁×岩田昌征×木村三浩  TOKYOMXの言論プログラム 「西部邁ゼミナール」 (再生)
【番 組】 西部邁ゼミナール 【ゲスト】 岩田昌征〔千葉大学名誉教授・セルビア科学芸術院外国会員〕      木村三浩〔一水会代表〕【テーマ】「日本はロシアとどう付き合うべきか」【2】     『瞠目すべき!安倍首相vsプーチン大統領による首脳会談』篇【概 要】 米中露を相手に如何に外交を展開させてゆくのか、今後の日本のあるべき姿に示唆に富む議論を展開。昭和20年〔1945年〕ソ連が中立条約を破り北方四島を占領してから71年の近代を顧みつつ、日本固有の領土とは何か本質的に考える。 山口県長門市における日露首脳会談、翌日にはウクライナ危機以降G7諸国の中で初めて首都に入るプーチン大統領来日の意義とは何か。 ロシアの天然資源を世界市場に引きずり出そうと動くキャピタリスト、ミリタリストたちへの警戒、日本の百何十年の近代化の経験を学ばなければいけないとアメリカ、ヨーロッパ型に流されないようロシア型を目指したいプーチン大統領。 北方領土は日本固有で四島返還を!と簡単にいうが、そもそも、統括権・管理権・施政権が安定し国際社会に認められるのが領土である。世界が力による押し合いへし合いの中で、日本は米中に挟撃されることもあり得ることからロシアにとっても日本にとっても非常に大事なパワーバランス。【放送日】2016年12月10日(土)7:05~7:30TOKYOMX1     2016年12月11日(日)8:30~8:55TOKYOMX2【ゲスト】岩田昌征〔千葉大学名誉教授・セルビア科学芸術院外国会員・経済学博士〕     木村三浩〔一水会代表〕【出 演】西部邁 〔評論家・「表現者」顧問〕     今村有希〔女優・西部邁ゼミナール助手〕【スタッフ】 プロデューサー 大崎雅之〔TOKYOMX〕 プロデューサー 松島広司〔MXエンターテインメント〕MXエンターテインメント株式会社より━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 隔月刊誌┃「表現者」┃偶数月発売┃━━━━┛ ━━━━┛ ━━━━┛年1月号の特集は「日本国の命運」 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 隔月刊誌「表現者」2017年1月号MXエンターテインメントより12月16日発売。★☆★【特集】★★★「日本国の命運―立憲・核武装・保護主義・国民主権をめぐって」。佐高信×澤村修治×中島岳志×西部邁×富岡幸一郎
関連記事
12/11(日)
(NHK総合・東京[これでわかった!世界のいま])
北方領土交渉・急がれる理由とは?
スタジオで岩田明子解説委員、国際部デスク・安間英夫が解説。
冷戦時代と異なり、世界の安全保障環境は急速に流動化し、地球儀俯瞰外交を展開。
日本はロシアとも関係を強めることで戦略的な外交を展開しようとしている。
プーチン大統領の北方領土問題に対する基本的な立場は変わっておらず、日本側に歩み寄りを見せてほしい、ボールは日本側にあるという考え方。
平和条約について言及あり。
安倍晋三総理大臣の映像。
12/11(日)
(NHK総合・東京[これでわかった!世界のいま])
ロシア・プーチン大統領が来日・どうなる!?北方領土
スタジオで岩田明子解説委員、国際部デスク・安間英夫が解説。
北方領土交渉について、安倍晋三総理大臣は協議の加速を何度も指示。
元島民が高齢化。
領土や平和条約など難しい課題の交渉は政権基盤が強い時でないと相手も乗ってこない。
野田政権時にはロシア・プーチン大統領が首脳会談をキャンセル。
国際情勢も大事な要因。
中国が軍事力を強化する中、ロシアにとって北方領土は防衛政策上どんどん重要になっている。
ロシア海軍の機関紙が「国後島と択捉島にミサイルを配備した」と報じた。
ロシアはヨーロッパに近いカリーニングラードにもミサイルを配備している。
2014年にクリミアを併合し、欧米と激しく対立して孤立が深まったため国境地帯の守りを固める狙いがある。
ロシアはオホーツク海をロシアの海にしたいと考えている。
高橋英樹のスタジオコメント。
墓参り、米国について言及あり。
12/11(日)
(NHK総合・東京[これでわかった!世界のいま])
どうなる北方領土交渉・切り札は新アプローチ
日本とロシア、8項目の経済協力プラン「医療、健康、寿命」「都市づくり」「中小企業の交流」「エネルギー開発」「産業の多様化など」「極東の産業振興など」「先端技術協力」「人的交流」。
スタジオで岩田明子解説委員、国際部デスク・安間英夫が解説。
ロシアは北方四島での共同経済活動を肯定的に受け止めている。
経済協力プランも平和条約締結問題の解決に向けた唯一の正しい道としている。
プーチン大統領はアジアとの関係強化の方針を掲げている。
プーチン大統領は演説で「中国については包括的、戦略的関係を発展させる、インドについては戦略的関係、日本については質的な前進を期待する」とした。
「質的な前進」とは政治、人の交流、経済、国際問題などの関係発展。
高橋英樹のスタジオコメント。
貿易、ODA、日本企業について言及あり。
安倍晋三総理大臣の映像。
関連ページ
いま政治は
いま海外は
気になる話題


▲画面のトップへ