JCCテレビすべて
最新のTV情報
2017年01月17日(火)
最新TV速報
     
【最新のTV情報】
2016/12/02
フジテレビ 【みんなのニュース】
フィリピンに供与の巡視船が出港・塊状で中国けん制も
関連動画
ドゥテルテ比大統領、麻薬撲滅に戒厳令も辞さず Philippines Duterte threatens martial law (再生)
フィリピンのロドリゴ・ドゥテルテ(Rodrigo Duterte)大統領(71)は14日、自身が掲げる「麻薬撲滅戦争」を遂行するためならば戒厳令を敷くことも辞さないとの考えを明らかにした。 ドゥテルテ大統領は14日夜の演説で、違法薬物問題の悪化が最悪な状態にまで進んだならば「必要とあらば私は戒厳令を敷くだろう。誰も私を止めることはできない」と述べ、その目的は「フィリピン国民とこの国の若者を守ることだ」と語った。 ドゥテルテ大統領はこれまでにも戒厳令を示唆したことはあったが、明確に意志を示したのは14日の演説が初めて。戒厳令が敷かれれば、ドゥテルテ大統領は軍を通じて司法権を掌握し、逮捕状なしで市民の身柄を拘束し長期にわたって勾留することなどが可能となる。 フィリピンでは1972~81年、フェルディナンド・マルコス(Ferdinand Marcos)大統領(当時)によって戒厳令が敷かれていた。マルコス大統領の独裁政権は1986年の「人民革命(People Power Revolution)」で打倒された。(c)AFP年1月16日 President Rodrigo Duterte threatens to impose martial rule to prosecute his deadly war on drugs three decades after the nation shed dictatorship with a famous People Power revolt. チャンネル登録はこちらから://www.youtube.com/user/afpbbnews動画のお問い合わせはこちらから://www.afpbb.com/list/helpaboutsite/regist

フィリピン沖で拉致の韓国人船長ら、解放される South Korean hostage released in Philippines: govt (再生)
フィリピン南部沖でイスラム過激派とみられる武装勢力に拉致され人質となっていた韓国人の船長とフィリピン人の乗組員が14日、約3か月ぶりに解放された。ロドリゴ・ドゥテルテ(Rodrigo Duterte)比大統領の側近が明らかにした。 ドゥテルテ大統領の側近、ヘスス・ドゥレーザ(Jesus Dureza)和平プロセス担当大統領顧問によれば、人質だった2人は南部スールー(Sulu)諸島で解放された。同諸島は武装勢力の潜伏場所として知られている。 フィリピン軍は昨年10月、韓国籍の貨物船から2人を拉致した武装集団はイスラム過激派組織「アブサヤフ(Abu Sayyaf)」を自称していたと発表した。同海域で大型の商船が襲撃されるのは今回が初めてだという。(c)AFP年1月15日 South Korean captain and a Filipino crewman abducted by suspected Islamist militants in the southern Philippines three months ago are released the presidential peace adviser say. チャンネル登録はこちらから://www.youtube.com/user/afpbbnews動画のお問い合わせはこちらから://www.afpbb.com/list/helpaboutsite/regist

安倍首相、フィリピン国鳥のワシを「Sakura」と命名 Japan s Abe enjoys Duterte s folksy diplomacy in Philippines (再生)
フィリピンを訪問中の安倍晋三(Shinzo Abe)首相は13日、ロドリゴ・ドゥテルテ(Rodrigo Duterte)大統領の地元・南部ミンダナオ(Mindanao)島のダバオ(Davao)市で、同国の国鳥に指定されているフィリピンワシの命名式に出席した。クリストファー・ゴー(Christopher Go)大統領報道官によれば、安倍首相はドゥテルテ大統領の邸宅で一緒に朝食をとった後、寝室を含む邸宅全体を案内された。さらに海を見下ろすホテルで首脳会談を行った後、フィリピンワシの命名式を訪れた。式典では安倍首相が、2歳のワシを日本の桜にちなみ「Sakura」と名付けた。またこのワシの写真と先住民の衣装を着たワシの人形が、安倍首相に手渡された。(c)AFP安倍首相、比大統領と会談 麻薬対策で支援申し://www.afpbb.com/articles/-/3113925年1月14日 one of the world s rarest birds named in his honour and guided by sockless host President Rodrigo Duterte Japanese Prime Minister Shinzo Abe has a morning to remember. IMAGESチャンネル登録はこちらから://www.youtube.com/user/afpbbnews動画のお問い合わせはこちらから://www.afpbb.com/list/helpaboutsite/regist
関連記事
01/17(火)
(テレビ朝日[グッド!モーニング])
安倍総理…外遊成果は?「米国の関与は不可欠」
東南アジアなどを歴訪中の安倍総理大臣が記者会し外遊の成果を強調。
今年初めての外遊は米国と中国を強く意識したものだった。
安倍総理は「地域の平和と繁栄のためには米国のコミットメントが不可欠だとの考え方のもと引き続き緊密に連携していくことで一致しました」「日米首脳会談を行いたいと考えています」と話した。
今回の外遊ではTPP参加国のオーストラリアとベトナムの国内手続きを後押した。
脱退を表明しているトランプ新政権の方針変更を促す狙い。
フィリピンやインドネシアでは南シナ海問題で連携を確認、法の支配と平和的解決の重要性を確認した。
フィリピン・ドゥテルテ大統領は日本と中国をてんびんにかけるしたたかさがあり安倍総理が1兆円の経済支援を表明したもののどこまで取り込めたかは不透明。
ベトナム・ハノイ、日オーストラリア首脳会談、インドネシアでの歓迎行事(インドネシア・ジャカルタ)、大統領の私邸(フィリピン・タパオ)の映像。
トランプ次期大統領について言及あり。
01/17(火)
(TBSテレビ[はやドキ!])
安倍首相の4か国訪問・今後日本の果たす役割は…
安倍首相は「安倍政権5年目の外交はアジア太平洋からスタートする」とコメント。
安倍首相は5日間でフィリピン、オーストラリア、インドネシア、ベトナムの4か国を歴訪した。
フィリピンではドゥテルテ大統領も「米国との同盟の重要性」に言及し、ベトナムでもトランプ次期大統領にアジアの経済がもたらす利益を理解してもらう重要性が取り上げられた。
安倍首相は「南シナ海問題については関係国間の対話を歓迎するとともに対話が国際法に基づき行われるべきであること、また現場における非軍事化及び自制の重要性で一致した」と述べた。
中国から日本とフィリピンとの会談に神経をとがらす様子がうかがえた。
ベトナム・ハノイ、フィリピン・ダバオ、日越共同発表、中国・外務省の映像。
資料:南シナ海。
提供:米国防総省。
中国・華春塋報道官のコメント。
01/17(火)
(TBSテレビ[はやドキ!])
安倍首相の4カ国訪問・今後・日本の果たす役割は…
安倍総理の今年の外交はトランプ新政権の今後のアジア政策や、中国が海洋進出を進める南シナ海問題をテーマにスタートした。
5日間でフィリピン、オーストラリア、インドネシア、ベトナムの4カ国を歴訪した安倍総理。
最初の訪問先・フィリピンでは対面関係ではぎくしゃくしていたはずのドゥテルテ大統領も「米国との同盟の重要性」に言及し、最後の訪問国・ベトナムでもトランプ次期にアジアの経済がもたらす利益を理解してもらう重要性が取り上げられた。
また、必ず議題となる南シナ海問題について安倍総理は「現場における非軍事化及び自制の従量制で一致した」と述べた。
南シナ海での軍事拠点化が批判される中国からは、日本とフィリピンとの間の会談に神経をとがらす様子がうかがえる。
安倍総理の記者会見(ベトナム・ハノイ)、フィリピン・ダバオ、南シナ海(資料、米国防総省提供)、中国・華春塋報道官の会見(中国・外務省)の映像。
関連ページ
いま政治は
いま海外は
気になる話題


▲画面のトップへ