JCCテレビすべて
最新のTV情報
2016年12月11日(日)
最新TV速報
     
【最新のTV情報】
2016/12/02
フジテレビ 【みんなのニュース】
フィリピンに供与の巡視船が出港・塊状で中国けん制も
関連動画
真珠湾攻撃から75年──出撃する戦闘機見送った元整備兵 Japanese navy veteran recalls Pearl Harbor 75 years on (再生)
大阪在住の瀧本邦慶(Kuniyoshi Takimoto)さん(95)は、75年前の1941年12月7日、米ハワイ(Hawaii)州の真珠湾(Pearl Harbor)へと向けて、空母「飛龍(Hiryu)」から飛び立つ攻撃機をその目でしっかりと見ていた。 存命の旧日本軍の兵士は、今や数少なくなっている。かつて攻撃機の整備兵を務めていた瀧本さんは、「あんな大きな国と貧乏の何もない国がやって大丈夫かなっていうことを感じましたわ」と述べ、真珠湾への攻撃で浮かれていた国内のムードに不安を覚えたと、自宅で応じたAFPの取材に語った。 瀧本さんは、「始まったばかりじゃないですか。だまし討ちみたいなもの」と真珠湾への攻撃について話し、奇襲攻撃だったことを考えると、ある程度の成功は保証されていたも同然だったと強調した。 瀧本さんら乗組員は、空母がハワイに向かって出航した後、その目的について初めて耳にした。その時はさすがに動揺したという。■「命令が出たら命がけ」 操縦士や整備士らは一貫して冷静だった。攻撃機は1機ずつ順番に飛び立ったが、特別な送り出しなどはなく、「万歳」の声も上がらなかったという。 瀧本さんは、「特攻隊の映画なんかでする、あんなことは全然ないですわ」と語気を強め、そして「命令が出たらもうこっちも命がけでやらんといかん」と続けた。 また、米国を攻撃するリスクについての不安はあったが、操縦士らを支えているという自負はあったとし、彼らとの信頼関係については「これは無言のうちにある程度ありますわ」と話した。 日本は当時、フィリピンやシンガポール、オランダ領東インドなどへの攻撃も行っていた。永遠に続くと思われた欧米による植民地支配を、一気に覆そうとする勢いもあった。ただ当初の優勢は長続きせず、その流れはたちまち変わる運命にあった。瀧本さんの不安は的中した。 真珠湾攻撃が行われた12月7日を、当時のフランクリン・ルーズベルト(Franklin Roosevelt)米大統領は「屈辱の日」と表現し、国民の団結心をあおった。 1942年6月、激しいミッドウェー海戦(Battle of Midway)で米軍の空爆を受けた飛龍は大きな炎に包まれた。そして、瀧本さんを含む乗組員500人は生き残ったが、1000人が死亡したという。付近にいた日本の船にやっとの思いで救出された当時の光景について瀧本さんは、「地獄ですわ」と説明した。■日米の認識差 瀧本さん個人としては、真珠湾攻撃から75年という節目を特別な記念日にしようという計画はない。戦時中には、同じように重要で忘れ難い出来事が他にいくつもあったからだ。それでも自身にとっては「ミッドウェーのほうがうんと大事な日」だったと話す。 確かに、首相が出席して全国にテレビ放映される、厳粛な雰囲気の原爆の日の式典に比べると、真珠湾攻撃にそこまでの注目は集まらない。 米国では、12月7日は真珠湾攻撃の戦没者を追悼する日になっている。その一方で、広島・長崎に原爆が投下された日は、公式記念日には指定されていない。 東京大学(University of Tokyo)で米文化研究およびハワイ史を専門とする矢口祐人(Yujin Yaguchi)教授は、両国の捉え方が一致しなくとも驚くには値しないと指摘する。そして「人はやられた事のほうが、やった事より記憶に残るのは当然」とコメントした。 米国では真珠湾が、そして日本では広島や長崎が、それぞれ重要な象徴的意味を持っており、歴史的正当性に深く関わっている。 真珠湾がなければ広島や長崎はなかったという考えがある。その一方で、軍事基地に対して通常兵器を用いた攻撃と、一般市民に対して核兵器を使った攻撃とは倫理上同等とはみなし得ないという見方もある。■「感動も何もない」 今年5月には、バラク・オバマ(Barack Obama)米大統領が、終戦直前に原子爆弾が投下された広島を訪問した。現職の米大統領としては初となったオバマ氏の広島訪問は、概して好意的に捉えられ、謝罪こそなかったものの、共通認識を模索する努力と受け止められた。 このオバマ大統領の広島訪問をめぐっては、その返礼として、安倍晋三(Shinzo Abe)首相も真珠湾を訪問すべきかどうかという議論に発展した。 そして、安倍首相は5日、今月後半にハワイでオバマ大統領と会談することを発表し、訪問時に真珠湾での慰霊を行うことについても明らかにした。 この発表の前、戦争および国を戦争へと向かわせる各国のリーダーたちを厳しく批判してきた滝本さんは、安倍首相が真珠湾を訪問するとしたら、それは自らの支持率上昇につながると判断したときだろうと話していた。「目的がわかってるから、私なりにね。私は感動も何もしませんわ」(c)AFP年12月7日 aircraft mechanic Kuniyoshi Takimoto casts his mind back to December 7 1941 when he watched as Japanese planes roared off the aircraft carrier Hiryu to attack Pearl Harbor.チャンネル登録はこちらから://www.youtube.com/user/afpbbnews動画のお問い合わせはこちらから://www.afpbb.com/list/helpaboutsite/regist
関連記事
12/11(日)
(TBSテレビ[ニュースバード])
フィリピン・ドゥテルテ政権への抗議集会
フィリピンのドゥテルテ大統領が進める麻薬犯罪の容疑者殺害といった超法規的な取り締まりに抗議する集会が10日、マニラで開かれた。
「世界人権デー」に合わせて開かれたもので、人権活動家ら約5000人が参加。
麻薬犯罪撲滅を最優先課題に掲げるドゥテルテ大統領は、容疑者の殺害を容認する今日kぇん的な取り締まりを進めていて、就任以来警察官などに殺害された容疑者は6000人に上るとも言われている。
参加者は「政府による殺人は、いかなる状況においても容認できない人権侵害だ」などと抗議の声を挙げた。
フィリピンではこれまでドゥテルテ大統領の麻薬犯罪対策を支持する声がほとんどで、目立った抗議活動は行われていなかった。
先月、長期独裁政権を強しいて活動家らを弾圧したマルコス元大統領の遺体を英雄墓地へ埋葬することを許可したことが、集会の呼び水になったとみられる。
12/10(土)
(BSジャパン[一柳良雄が問う 日本の未来])
地球喝破 フィリピン編・第1弾
JFEホールディングス・代表取締役社長の林田英治とフィリピン・下院議会前を散策。
林田はフィリピンについて、「ドゥテルテ大統領が議会の民主主義とどう折り合い、この国を成長させていくのかしばらく見ていかないと分からない」と期待をのぞかせた。
次回フィリピン編第2段は、24日放送。
関連ページ
いま政治は
いま海外は
気になる話題


▲画面のトップへ