JCCテレビすべて
最新のTV情報
2016年12月05日(月)
最新TV速報
     
【最新のTV情報】
2016/12/02
テレビ朝日 【スーパーJチャンネル】
新潟も・原発避難児童にいじめ・相談受けた担任が「菌」
関連記事
12/05(月)
(NHK総合・東京[首都圏ニュース845])
原発避難“いじめ”臨時会議で調査要請
福島第一原発事故で避難した子どもがいじめを受けていたことが各地で相次いで明らかになったことを受けて、神奈川県教育員会は市町村の担当者を集めた臨時の会議を開き、同じようないじめがないかどうか改めて調査するよう要請した。
原発事故で神奈川・横浜市に自主避難してきた現在中学1年の男子生徒が、転校先の小学校でいじめを受けていたほか、新潟・新潟市でも小学4年の男子児童が担任教諭から名前に「菌」を付けて呼ばれたとして学校を休んでいたことが明らかになっている。
神奈川県教育員会は緊急会議を開き、県内の公立の学校を対象に原発事故で避難してきた児童などがいじめを受けていないか調査・報告するよう要請。
神奈川県教委子ども教育支援課・宮村進一課長は「未然防止、早期発見の早期対応で改善させるように。
全力で県と市町村一体になって取り組んでいく」と述べた。
生徒の手記、神奈川・藤沢市の映像。
12/05(月)
(TBSテレビ[Nスタ])
原発避難・いじめ・名前に「菌」全校集会で校長が謝罪
福島第一原発事故の影響で自主避難していた男子児童が、名前に「菌」をつけて呼ばれていた問題で、児童が通う新潟市の小学校の校長が全校集会で謝罪した。
同様に自主避難している保護者からは「心無い呼び方で言葉が出ない」と憤りの声が上がっている。
男子児童は先月24日から学校を休んでいる。
原発事故の影響で避難生活を送る子供を巡っては、横浜市の小学校でもいじめが明らかになっている。
小学校は保護者への説明会も開催する予定。
児童が通う小学校・新潟市の映像。
小学校の校長、福島から自主避難・磯貝順子のコメント。
12/05(月)
(TBSテレビ[ひるおび!])
新潟「原発避難でいじめ」担任が名前に「菌」
学校の授業で原発事故のことが取り上げられるようになると、男児は自らの体験を発言。
しかし、その頃から同級生に「菌」を付けて呼ばれるようになった。
福島から来ていることを知っている一部の子が菌付けでよび、知らない子まであだ名のように呼ぶようになった。
夏休み明けに初めて担任から名前に「菌」をつけて呼ばれた際には深刻に落ち込む様子はなかった。
11月上旬に横浜市立中学で福島県から避難してきた生徒が「菌」をつけて呼ばれた問題が発覚すると、男児は「僕と同じだ」と漏らした。
22日、福島県沖を震源とする地震が起き、福島県で働く父親と連絡が取れないまま男児は登校。
その日に担任から「菌」をつけて呼ばれ、ショックを受けて帰宅した。
保護者は学校に「もう学校に行けない」と男児が話したと相談。
母親によると、当初学校側は担任の発言を否定。
担任は謝罪はしたものの「私は今年から担任なので」と素っ気ない対応だった。
避難者支援を続けてきた新潟県柏崎市のボランティア団体代表・吉田建夫、「かながわ東北ふるさと・つなぐ会」会長・今里雅之(福島県富岡町から横浜市内に避難)、中川明弁護士のコメント文。
立川志らく、政策アナリスト・横江公美のスタジオコメント。
福島県から避難した子供の受け入れ人数グラフ。
新潟市教育委員会の会見映像。
仮設住宅についての言及あり。
本日の「スーパーJチャンネル」...
関連ページ
気になる出来事


▲画面のトップへ