JCCテレビすべて
最新のTV情報
2016年12月05日(月)
最新TV速報
     
【最新のTV情報】
2016/12/02
フジテレビ 【みんなのニュース】
今夜・岸田外相×プーチン大統領会談
関連動画
安倍首相vsプーチン大統領との会談を受け「日本はロシアとどう付き合うべきか」【1】   ユーゴスラヴィア解体と東西冷戦後の世界戦略に米露の影 (再生)
12月15日に来日するロシアのプーチン大統領と安倍首相との首脳会談。戦後70年以上、日露和平条約は締結しておらず、北方領土問題も横たわる中で、EUからのイギリスの離脱、アメリカのトランプ新政権の誕生など政治・経済・外交・軍事と今、世界は大きな曲がり角に差し掛かっている。中国の海洋進出や北朝鮮による核武装など近隣諸国との関係も厳しく、米中露との外交をいかに展開するのか、日本のチカラが大きく問われている。 旧ユーゴスラヴィアを構成した国々の独立、東西冷戦の終結とともにアメリカの侵略的な世界戦略が背景に透けて見えるロシアの裏玄関は一体どうなっているのか? 南スラブ人の国という意味のユーゴスラビアの現地に入り、戦後最大規模といわれる78日間のNATO軍による「セルビアの空爆」を体感し、ユーゴの解体・崩壊まで、カソリック、聖教、イスラムの三文明による抗争と衝突する歴史を長きにわたり研究してきた岩田昌征氏が、日本では西欧よりに傾いて正しく報道されていない東ヨーロッパの史実を語る。【放送日】2016年12月3日(土)7:05~7:30TOKYOMX1     2016年12月4日(日)8:30~8:55TOKYOMX2【ゲスト】岩田昌征〔千葉大学名誉教授・セルビア科学芸術院外国会員・経済学博士〕     木村三浩〔一水会代表〕【出 演】西部邁 〔評論家・「表現者」顧問〕     今村有希〔女優・西部邁ゼミナール助手〕MXエンターテインメント株式会社より━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 隔月刊誌┃「表現者」┃偶数月発売┃━━━━┛ ━━━━┛ ━━━━┛年1月号の特集は「日本国の命運」 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 隔月刊誌「表現者」2017年1月号MXエンターテインメントより12月16日発売。★【特集】は「日本国の命運―立憲・核武装・保護主義・国民主権をめぐって」。佐高信×澤村修治×中島岳志×西部邁×富岡幸一郎☆西部邁ゼミナールとの連動企画「アメリカ流ドタバタ喜劇を演じる米国大統領選」〔ゲスト佐伯啓思(京都大学名誉教授)〕「日本はロシアとどう付き合うべきか」〔岩田昌征(千葉大学名誉教授)×木村三浩(一水会代表)〕を掲載。://s.mxtv.jp/nishibe/
関連記事
12/05(月)
(テレビ東京[未来世紀ジパング~沸騰現場の経済学~])
池上彰が緊急解説!注目の北方領土はどうなる?
北方領土をジャーナリスト・池上彰が解説。
プーチン大統領がまもなく来日。
15日に安倍首相が地元・山口県で首脳会談を行う。
北方領土をめぐって日本、ロシア、双方にタイムリミットが迫っている。
1045年8月日本はポツダム宣言を受託して無条件降伏をした。
1956年に当時総理だった鳩山一郎が日ソ共同宣言をソ連側と結んだ。
ソ連・ブルガーニン首相の写真。
1060年に日米安保条約が改定される。
ソ連が反発して2島合意は無効。
鈴木ちなみ、宮崎美子、パックンのスタジオコメント。
12/05(月)
(NHK総合・東京[ニュースウォッチ9])
安倍首相真珠湾へ・解説・現職首相初訪問・日米同盟・外交は
安倍首相が、今月26日、27日に米国・ハワイを訪れ、真珠湾攻撃の犠牲者を米国・オバマ大統領とともに慰霊することを明らかにした。
政治部官邸キャップ・原聖樹記者に「日米同盟への影響は?」、「安倍外交の行方は」についてスタジオで聞いた。
米国・ワシントン、トランプ新政権、トランプ次期大統領、米国軍、駐留経費、ロシア・プーチン大統領、日ロ首脳会談、政府与党連絡会議、北方領土、平和条約交渉、クリミア併合、中国、地球儀を俯瞰する外交、外交安全保障政策、広島訪問、戦後70年について言及あり。
ペルー・リマ、首相官邸の映像。
12/05(月)
(BS11[報道ライブ INsideOUT])
北方領土に特区案・日露両国の狙い
安倍首相はきょう開かれた政府与党連絡会議で北方領土問題を含むロシアとの平和条約締結交渉に関しプーチン大統領との1回の会談で解決できる簡単な問題ではないとの考えを示した。
今月15日、16日に山口県と東京でロシア・プーチン大統領と安倍首相の首脳会談がある。
北方領土での共同経済活動が議題になると言われる。
ロシア側は1990年代後半から共同経済活動を提案。
国後島、択捉島の映像。
毎日新聞外信部・大前仁記者のコメント。
外務省HP。
関連ページ
いま政治は
いま海外は
気になる話題


▲画面のトップへ