JCCテレビすべて
最新のTV情報
2016年12月08日(木)
最新TV速報
     
【最新のTV情報】
2016/12/02
TBSテレビ 【Nスタ】
「それは失礼なんじゃないですか」小池知事・記者の質問に反論
関連動画
区議7人の除名処分 「知事についていく」…知事の動きは (再生)
自民党東京都連はきのう、知事選挙で党の方針に反して小池知事を支援した区議会議員7人全員を除名処分としました。処分を受けた区議はあくまで小池知事についていく姿勢を示していて、今後の知事の出方が注目されます。 自民党東京都連が開いたきのうの幹部会で、都連は知事を支援した豊島区と練馬区の区議会議員7人全員を党の規則で最も重い除名処分としました。自民党都連の下村会長は「7人に十分配慮した対応を取ってきたが、いずれも拒否され非常に残念」と話しました。これについて、処分を受けた区議からは目立った反発などは出ていません。除名処分を受けた区議の一人、自民党豊島区議団の河原弘明幹事長は「仕方ないということで厳粛に受け止めている。(小池知事に)連絡をして、小池知事も分かっていたことなので」と話しました。 7人の区議は来週中にも全員が集まる会合を開き、今後の対応について協議するとしています。河原区議は「議会中なのでこの議会は何とか乗り切りたい。その後どうするかみんなで話し合いながらやっていきたい。(小池知事に)ついていく、一緒にやっていく方針は変わらない」と話しました。一方、自分を応援した区議会議員が処分されたことについて、小池知事はきのう「(知事選に立候補した)私はまだ処分されていませんから」と述べました。 都連内ではこの除名処分が小池知事による新党結成の引き金になるのではという警戒感が広がっています。また、自民党内では来年夏の都議会議員選挙で自民党の現職がいる選挙区に小池知事が新党から対立候補を送り込むのではないかという見方も出ていて、知事と都連の関係の行方は不透明となっています。

都議会 “慣例”巡り荒れ模様の展開に (再生)
きょうの都議会は代表質問が行われ、小池知事と最大会派の自民党との間でこれまでの慣例を巡るやりとりが続き、荒れ模様の展開となりました。 都議会は代表質問が行われ、最初に質問に立った最大会派の自民党の崎山都議が小池知事の都政運営についてただしました。その横では小池知事が質問の内容を書き取る姿がありました。実は、これまで慣例となっていたという東京都側と都議会、中でも最大会派の自民党と事前の答弁調整がつかなかったこともあり、自民党議員からの質問書が手元になかったのです。小池知事は「真に意味のある議論にするために一度壇上から降りる」と話して、この後、休憩に入る異例の事態となりました。 その後、15分の休憩を挟んで再び質疑が行われ、自民党の崎山議員は「都議会自民党があたかも200億円の予算を自由に使ってきたかのような印象を与えている」と述べ、都議会向けにこれまで200億円が用意されてきた「政党復活予算」を小池知事が今後の予算に入れないことを明言した真意をただしました。これに対し小池知事は「戦後長らく続いてきた慣例と聞いている。都議会が一部の予算について実質的に予算編成権を行使してきたという意味だ」と答弁し、政党復活予算を改めて終了させる方針を示しました。 小池知事と最大会派の自民党とのにらみ合いはここに来て一段と激しさを増しています。 都議会は代表質問が続いていて、自民党の後は公明党・共産党・民進党の議員が質問に立ちます。小池知事は「他の会派からは事前に質問をいただいているのでしっかりと答えたい」と、自民党以外の会派とは調整済みであることを明らかにしています。

小池知事、SMAPの変わりびな 東玉、今年の世相映す (再生)
人形メーカー「東玉」は7日、東京都内で今年の世相を反映した変わりびな5点を発表した。2020年東京五輪・パラリンピックの会場見直し問題で注目を集める小池百合子東京都知事や、年末で解散する国民的アイドルグループSMAPなどを取り上げた。
関連記事
12/08(木)
(NHK総合・東京[ニュース7])
バレーボール会場“今月21日に結論”で調整
東京都・小池知事の意向で結論が先送りされた東京五輪パラリンピックのバレーボール会場見直しの議論。
東京都、組織委員会、政府、IOCの4者は今月21日に再び会合を開き結論を出す方向で調整。
東京・江東区に有明アリーナを新設するか既存の横浜アリーナを利用するか検討が続けられている。
横浜市・林市長が「横浜アリーナでの開催はかなり難しい」とする認識を示していて小池知事がどのような考えで競技に臨むのか注目される。
12/08(木)
(NHK総合・東京[首都圏ネットワーク])
都議会一般質問・バレーボール会場は
東京都議会・一般質問が行われている。
結論が先送りされている東京五輪パラリンピックのバレーボール会場について、自民党・三宅正彦議員が「横浜市の林市長は定例会見で横浜アリーナ開催は極めて厳しいとの見解を示したが、これについてどうか」と質問。
小池知事は「会場スペースの確保、運営銅線、バリアフリー、輸送の面などから精査している。
できるだけ早く結論を見出していきたい」と回答。
12/08(木)
(テレビ朝日[スーパーJチャンネル])
五輪・笑顔・サーフィンは千葉・野球・福島案先送り
東京五輪で追加された5種目(空手、野球とソフトボール、スケートボード、スポーツクライミング、サーフィン、野球とソフトボール)の競技会場がIOC理事会で承認された。
東京・千代田区・日本武道館、江東区・青海アーバンスポーツ会場、千葉・釣ヶ崎海岸、横浜市・横浜スタジアム。
復興五輪で注目された野球とソフトボールの福島県での開催は結論を先送り。
「復興五輪の旗印は?東京都・小池知事、今後どうする」。
法政大学教授・萩谷順が「ボートの宮城が消えた。
復興五輪はどこへいった。
小池知事が改革をやったがこのままいくと大山鳴動して鼠一匹になってしまう」とスタジオコメント。
関連ページ
いま政治は
いま海外は
気になる話題


▲画面のトップへ