JCCテレビすべて
最新のTV情報
2016年12月07日(水)
最新TV速報
     
【最新のTV情報】
2016/12/01
フジテレビ 【めざましテレビ】
ブラジル1部クラブ・搭乗機墜落・世界に悲しみ広がる
関連動画
ブラジルで広がる森林破壊: 空から見る【360°パノラマ動画】REUTERS (再生)
★スマートフォンはYoutubeアプリで、パソコンからはGoogle Chromeでご覧下さい★ アマゾン川一帯を上空から見ると、周りのジャングルから一転して木のない不毛地帯が広がっているのがわかる。これがブラジルの不法伐採の状況だ。ブラジルの森林破壊は過去4年間で35%増えた。不況に悩むブラジルでは、熱帯雨林の保護機関であるブラジル環境・再生可能天然資源院(IBAMA)への資金を削減した。伐採業者らは2015年、手薄な警備につけこみ、4023平方キロメートルを伐採した。アマゾン川の保護は地球温暖化防止に重要だとする世界中の環境保護団体は、森林破壊を懸念している。(ロイター)’s growing deforestation: a bird’s eye view above the Amazon acres of barren land can be seen standing in stark contrast to the surrounding jungle - a symbol of Brazil’s losing battle with illegal loggers. The country has seen a 35 percent increase in deforestation over the past four years. Grappling with a recession Brazil has cut funding for its Institute for the Environment and Renewable Natural Resources the group charged with protecting the rainforest. Loggers have taken advantage of the lapse in security; in 2015 2 500 square miles (4 023 km) were cut down. The deforestation has raised concerns with environmentalists worldwide who see the Amazon’s preservation as vital in the fight to halt global warming. Credit: Ueslei Marcelino (REUTERS)

ブラジルで汚職に対する大規模な抗議デモ Thousands take to the streets of Sao Paulo against corruption (再生)
ブラジルのリオデジャネイロ(Rio de Janeiro)とサンパウロ(Sao Paulo)で4日、汚職政治家と、本格的な汚職調査を中止しようとする議会の試みに対する大規模な抗議デモが行われた。(c)AFP年12月5日 marched across the country Sunday protesting against corrupt politicians and what they see as attempts by Congress to shut down a huge anti-graft probe. チャンネル登録はこちらから://www.youtube.com/user/afpbbnews動画のお問い合わせはこちらから://www.afpbb.com/list/helpaboutsite/regist

シャペコエンセ、墜落事故の犠牲者に本拠地で最後の別れ Brazil mourns fallen football team in pouring rain (再生)
ブラジル南部の小さな町シャペコ(Chapeco)で3日、降りしきる雨の中、先日発生したチャーター機の墜落事故で犠牲となった同地を拠点とするサッカーチーム、シャペコエンセ(Chapecoense)に所属したメンバーの告別式が営まれた。 わずか10日前まで、ファンを魅了していたチームのスタジアムには、満員の市民が駆けつけ、ピッチに横たえられた50人に及ぶ選手、コーチそしてスタッフの棺に悲痛な祈りをささげた。 3日の朝にコロンビアから母国に帰還を遂げた犠牲者の棺は、緑と白のチームフラッグがかけられ、悪天候の中葬列をなしたファンに見送られながら、町の中をゆっくりと進んだ。 町の人口の約半分とされる10万人の人々があふれかえることも想定されたこの日、兵士がスタジアムに棺を運び入れる中、1万9000人収容の会場に入れなかった市民のために、会場の外には巨大なスクリーンも設置された。 71人が死亡した今回の事故で、地元の小さなクラブが栄光を目前にしてそのおとぎ話の終わりを迎え、シャペコの町は悲しみに暮れている。 チームのバナーをまとい、10歳の娘と葬列をつくった男性は、目を真っ赤にしながら、「雨が降っていようが、晴れていようが、毎試合見に来ました。私たちの夢は、ついに現実になろうとしていました。本当に近づいていたんです」と、言葉を絞り出す。「シャペコが今回のことを乗り越えるには、長い時間がかかるでしょう。でも、これからもスタジアムに足を運び続けようと思います」 (c)AFP年12月4日 a driving rain the small Brazilian city of Chapeco held a massive funeral Saturday for its football team tragically wiped out in a plane crash in Colombia. チャンネル登録はこちらから://www.youtube.com/user/afpbbnews動画のお問い合わせはこちらから://www.afpbb.com/list/helpaboutsite/regist
関連記事
12/07(水)
(BS1[ワールドニュース])
コロンビア・飛行機墜落事故・一命取り留めた6人が順調に回復
ブラジルのサッカーチーム・シャペコエンセのメンバーが乗っていた飛行機がコロンビアで墜落した事故。
シャペコエンセのメンバーを含む71人の乗客が死亡。
一命を取り留めた6人は順調に回復している。
一方で飛行機の燃料不足を指摘したとされるボリビア人管制官はブラジルへの亡命を要請した。
燃料はボリビア・サンタクルスから南米コロンビア・メデジンまで飛ぶには十分ではないと離陸以前に警告したと言っている。
この管制官の証言は事故の真相究明のカギを握る。
管制官は事前に警告したと主張しているがボリビアの検察当局は管制官が責任逃れのため証言をしたとみて業務上過失の疑いで取り調べている。
関連ページ
いま政治は
いま海外は
気になる話題


▲画面のトップへ