JCCテレビすべて
最新のTV情報
2016年12月03日(土)
最新TV速報
     
【最新のTV情報】
12/01 06:10
NHK総合 【おはよう日本】
新潟・上越市でも鳥インフルエンザウイルス検出
関連動画
新潟・上越で殺処分開始 鳥インフル相次ぐ (再生)
鶏からH5型の高病原性鳥インフルエンザウイルスが検出された新潟県上越市の養鶏場で、県は1日未明、飼育されている約23万羽全ての殺処分を始めた。県職員や自衛隊員らが24時間態勢で、4日までの作業完了を目指す。記事詳細://www.47news.jp/news/2016/12/post_20161201062906.html

鳥インフル、殺処分続く 新潟、別の養鶏場でも陽性-ドローン撮影 (再生)
新潟県関川村の養鶏場の鶏からH5型の高病原性鳥インフルエンザウイルスが検出された問題で、新潟県は30日も、養鶏場で鶏約31万羽の殺処分を続けた。また県は同日、同県上越市の養鶏場で鶏約100羽が死んでいるのが見つかり、簡易検査したところ、鳥インフルエンザの陽性反応が出たと明らかにした。記事詳細://www.47news.jp/news/2016/11/post_20161130155006.html

高病原性鳥インフル検出 新潟県関川村の養鶏場 (再生)
新潟県関川村の養鶏場で鶏約40羽が死んでいるのが見つかり、同県は29日未明、鶏から強毒性で大量死につながるH5型の高病原性鳥インフルエンザウイルスを検出したと発表した。農林水産省によると、国内の家禽からの検出は、昨年1月に岡山県と佐賀県で確認されて以来。新潟県は関川村の約31万羽の鶏の殺処分を開始。記事詳細://www.47news.jp/news/2016/11/post_20161129063302.html
関連記事
12/03(土)
(テレビ朝日[ANNニュース])
オオハクチョウから検出・茨城・水戸市でも“鳥インフル”
茨城県は、茨城・水戸市・大塚池で死んでいたオオハクチョウから、H5型鳥インフルエンザウイルスが検出されたと発表した。
ウイルスが毒性の強い高病原性の疑いもあり、鳥取大学でさらに検査する。
環境省は周囲10kmを野鳥の監視重点区域に指定し、死んだり、弱ったりした鳥がいないか警戒している。
茨城県は養鶏農家らに野鳥避けネットがきちんと張られているかなど確認するよう呼びかけている。
茨城県の会見の映像。
が葬提供:茨城県。
12/02(金)
(NHK総合・東京[首都圏ニュース845])
茨城・水戸市・白鳥から鳥インフルエンザウイルス
茨城・水戸市の池でオオハクチョウ1羽から死んでいるのが見つかり、県の遺伝子検査でH5型の鳥インフルエンザウイルスが検出された。
環境省は周辺の半径10キロの範囲を野鳥の監視重点区域に指定。
野鳥に異常がないか調査する方針。
大塚池、県は県内約240の養鶏農家に野鳥防止ネットの点検などを呼びかけ、野鳥のふんにふれたら手洗いやうがい、死んだ野鳥を見つけたら県に連絡するよう呼びかけている。
茨城県の会見の映像。
12/02(金)
(BS1[BSニュース])
鳥インフルエンザ・新潟では処分進む
2か所の養鶏場で相次いで鳥インフルエンザウイルスが検出された新潟県では関川村の養鶏場でニワトリ31万羽すべての処分が終わった。
上越市の養鶏場では23万羽の処分が行われていて県はあさってまでに処分を終えたいとしている。
関連ページ
気になる出来事


▲画面のトップへ