JCCテレビすべて
最新のTV情報
2016年12月06日(火)
最新TV速報
     
【最新のTV情報】
2016/12/01
NHK総合 【おはよう日本】
韓国・朴槿恵大統領・セウォル号沈没対応・弾劾めぐる焦点に
関連記事
12/06(火)
(テレビ朝日[グッド!モーニング])
朴大統領・来年4月末退陣へ・野党は「空白の7時間」を追及
韓国・朴槿恵大統領が今日にも来年4月退陣を表明する見通しとなった。
首席秘書官が、与党セヌリ党が求めている4月末退陣を「受け入れるとの意思を示した」と明かした。
野党は国会会期末の9日に弾劾訴追案の採決を目指す。
国会では2014年セウォル号沈没当日の空白の7時間の問題が取り上げられた。
野党は朴大統領の事故前日の写真と事故後の写真を示し、「針で注射を打たれた顔に見えるというのが大部分の専門家の意見だ」と追及。
空白の7時間を巡っては、アンチエイジングのため、ボトックス注射を受けていたとの疑惑が根強くある。
退陣時期の表明は弾劾を避けるためとみられている。
ソウルの映像。
12/05(月)
(TBSテレビ[Nスタ])
朴大統領「弾劾」可能性高まる・9日採決へ“波乱の1週間”
韓国・朴槿恵大統領の退陣を求める大規模デモが、おとといソウル中心部で行われた。
デモは6週連続となり、過去最大規模の170万人(主催者発表)が集まった。
警察発表では32万人。
今回裁判所が初めて、大統領府のごく近くまでデモを許可。
人々は許可された時間を大きく過ぎても、大統領府に向けて声を上げ続けた。
この日の未明、野党は弾劾訴追案を正式に国会に提出した。
最大野党・共に民主党・イチュンソク議員は「国民5000万人の厳粛な命令によって、必ず弾劾案を通過させる」と述べた。
弾劾案は朴大統領が崔順実被告に便宜を図った行為について、憲法の国民主権主義に違反すると指摘。
セウォル号沈没事故当日も、国民の生命を守るという憲法の義務を果たさなかったと批判した。
この弾劾案は9日に採決される見通しで、可決されれば大統領の職務が停止され、憲法裁判所が弾劾の可否を審査する。
可決には国会議員3分の2の賛成が必要で、野党に加えて与党議員の造反も不可欠。
きのう与党セヌリ党の中で朴大統領と距離を置く非主流派が、事実上弾劾案の採決で賛成に回ることを決めた。
与党非主流派・ファンヨンチョル議員は「大統領の4月退陣で与野党が合意できなければ、9日の弾劾採決に無条件に参加するつもりだ」と話した。
青瓦台に言及。
12/05(月)
(フジテレビ[直撃LIVEグッディ!])
韓国政府が圧力か 極秘メモ公開
2014年4月セウォル号沈没事故の日、空白の7時間。
加藤達也・産経新聞元ソウル支局長がコラムに「朴大統領が崔被告の元夫と密会していた」と掲載。
朴大統領の名誉を毀損したとして自宅起訴された。
朴政権からの圧力がかかっていたのか。
全首席秘書官の極秘メモが公表された。
全国言論労働組合・キムファンギュンは「大統領は自身や政府が不利になる情報や批評にはかなり敏感で、そうしたものが出た場合は集中的に論議、対策を立てた」という。
2014年8月7日のメモには「産経に報復すべき。
引き続き調査し、処罰できるようにしろ。
さらに警察、情報機関でチームを構成し、情報収集せよ」と書かれている。
コラム掲載日は8月3日。
加藤は出国禁止措置が命じられた。
加藤は「謝罪をしたり、取り下げたりするつもりはないといった」というと、担当の検事がテーブルに手を突っ伏して大きなため息。
「10月5日産経支局長、情状酌量の余地なし。
だが国内外のマスコミの論調に目を向けるもののそれに流されることなく法の執行をするべき」と書かれていた。
「内外からはこのころ非常に世界中のメディアとか国連、米国が非常に非難の目というか注視していた。
国際社会の批判的な目がある中で産経新聞だけ例外的に扱うことはできない」と加藤は当時を語る。
2014年10月6日のメモには「とりあえず態度を説明し、波紋は最小にどどめる」と書いてあった。
加藤は「在宅起訴に踏み切ったわたしに対する捜査取調べの段階でも、検察側には焦りとともにゆれが見えた」と当時を振り返る。
関連ページ
いま政治は
いま海外は
気になる話題


▲画面のトップへ