JCCテレビすべて
最新のTV情報
2017年01月21日(土)
最新TV速報
     
【最新のTV情報】
2016/12/01
BSジャパン 【早起き日経+FT】
<FT Today>米国次期財務長官・大型税制改革を表明
関連記事
01/20(金)
(BS1[ワールドニュース アメリカ])
トランプ次期大統領の閣僚候補・指名承認公聴会
米国・トランプ次期大統領が指名した閣僚候補の指名承認公聴会が19日も開かれた。
次期財務長官に指名されたスティーブンムニューチンは金融大手・ゴールドマンサックス出身の富豪で、ヘッジファンドを所有。
ムニューチンはワンウェストで陣頭指揮を執った功績を擁護。
民主党からは「住宅危機の最中、差し押さえを精力的に推し進めてきた銀行だ」と批判。
ワイデン議員は「調査によるとこの銀行は頻繁に文書の取り扱いを誤り、見直しを省いていた」と述べた。
ワイデン議員はムニューチンが当初1億ドル以上の資産があることや、いくつかのオフショア口座の責任者であったことを公開しなかったとの報道について追及。
メネンデス上院議員は「オフショア企業を作るのは何らかの形で米国の税法をかいくぐるため以外考えられない」、ムニューチンは「オフショア口座は問題で是正したい」、ハッチ委員長は「オフショア口座に焦点を当てる民主党議員は偽善的で皮肉だ」と述べた。
オバマ大統領が指名した閣僚、ケイマン諸島について言及あり。
01/20(金)
(BS1[ワールドニュース])
議会で大詰めの承認公聴会
議会では決定的対決が行われた。
閣僚の承認公聴会では激しい応酬があった。
ムニューチン財務長官には差し押さえに関する質問が出た。
かつてゴールドマンサックスの幹部を務めていたムニューチンは差し押さえすることで利益を得たと批判され、「真実からかけ離れている」とコメント。
閣僚候補には9人の大富豪がいる。
ただ、ヒスパニック系の候補は1人も存在せず、これはレーガン政権以来初めてのこと。
リックペリー前テキサス州知事はエネルギー長官候補だが、かつてエネルギー省を廃止すべきだと主張していた。
その考えが間違いだったと公聴会で認めた。
あす予定の承認公聴会はマティス国防長官候補、ケリー国土安全保障省長官候補の2人だけ。
就任初日には閣僚7人が承認されていたオバマ政権とは大違い。
トランプ次期大統領の報道官は民主党が遅らせていると批判。
住宅ローン、気候変動に言及。
01/20(金)
(BS1[ワールドニュース])
議会で大詰めの承認公聴会

ムニューチン財務長官の公聴会が開かれた。
ムニューチンはかつてゴールドマンサックスの幹部を務めていた。
差し押さえすることで利益を得たことについて「ほかの人の苦難に付け込んでいるわけではない」とコメント。
メガミリオネアと言われている閣僚候補。
9人の富豪がいると考えているがその中にヒスパニックメンバーが一人もいない。
レーガン政権初めての事と言われている。
エネルギー長官だったリックペリーは前はエネルギー省などいらないと言っていたが、これまでの立場は間違いだったと認めた。
住宅ローン、気候変動に言及。
関連ページ
いま政治は
いま海外は
気になる話題


▲画面のトップへ