JCCテレビすべて
最新のTV情報
2017年01月17日(火)
最新TV速報
     
【最新のTV情報】
2016/12/01
NHK総合 【おはよう日本】
東京五輪・パラリンピック・組織委員会・予算削減に意欲
関連動画
小池知事 東京五輪の仮設会場、東京都以外の整備費「最大400億円」 (再生)
小池知事はきょう都内で東京オリンピックをテーマに講演しました。負担先が課題となっている仮設会場の整備費について、東京都以外に造られる7つの会場で合わせて300億円から400億円に上る見通しであることを明らかにしました。 小池知事は講演でオリンピックの仮設会場について言及しました。この中で、組織委員会や東京都などでの負担割合が課題となっている整備費について、東京都以外に造られる7つの会場に関する金額の見通しを明らかにしました。小池知事は「地方自治体に必要な仮設費用は300~400億円になるのでは。これもよく見てみるとばか高い予算だったりする」と述べました。 また、費用負担の在り方について、関係者が協力していくことが重要だとして「どこが(会場費用を)負担をしてと押し付け合いをしているみっともないことはやめて、組織委の財政を豊かにするということに協力していきたい。いろいろな知恵を出していきたい」と述べました。 仮設会場の費用については、あす行われる関係自治体が集まる協議会で話し合われる見通しです。

都外仮設整備費400億円 小池知事が見通し示す (再生)
東京都の小池百合子知事は12日、都内で開かれた共同通信きさらぎ会で講演し、2020年東京五輪・パラリンピックで都以外に整備される仮設施設の費用は300億~400億円との見通しを示し、「負担を押し付け合うのはやめて、大会組織委員会の財政を豊かにすることで協力していく」と述べた。

新商品発表で知事は 五輪費用協議控えチクリ (再生)
小池知事はきょう、東京オリンピックに関する新商品の試着に臨みました。 きょう発表されたのは東京オリンピック・パラリンピックの公式オリジナル商品「ジャパンプレミアム」で、日本の卓越した技術や受け継がれてきた伝統を反映したという商品です。今回発表された商品の1つは、風呂敷でありながらスカーフやストールとしても使えるという優れものです。 1つ1万1000円というこの商品の売り上げの一部はオリンピック組織委員会の収入になるということです。小池知事が組織委員会の職員に対し「この収入の一部は組織委に入るということで、しっかり組織委の財政をよくしていただければと思っている」と話を向けたように、オリンピックの費用について、年が明けて大会まで3年となる中、協議が加速します。 きのう安倍総理大臣と会った時は非売品というバッジを贈った小池知事ですが、この後、東京オリンピックの費用問題で国の協力を求めたとみられています。大会にかかる総予算の大枠が先月、1兆6000億円から1兆8000億円という見積もりが明らかになり、今月からは組織委員会・東京都・国の間で費用分担をどうするかトップ会合がスタートする見通しです。丸川五輪相はきのうの会見で「小池知事が今年度内に費用分担のルールの大枠を固めたいとを話していたので、なるべく早く結論に至った方が関係自治体にとってもいいと思う。われわれも議論に参加して協力をしていきたい」と述べています。 焦点は仮設で造る施設の整備費をどう負担するかですが、東京都以外の自治体は支出に否定的な姿勢を示しています。小池知事は「東京都という自治体としてどのようなことを協力できるのか、これからしっかりと3者協議も含めて議論をしていかなければならない」と話しています。 組織委員会・東京都・国の3者は費用分担について年度内=3月までの大枠の合意を目指すとしています。
関連ページ
気になるスポーツ


▲画面のトップへ