JCCテレビすべて
最新のTV情報
2016年12月08日(木)
最新TV速報
     
【最新のTV情報】
2016/12/01
TBSテレビ 【はやドキ!】
<スポーツ紙・1面チェック>【バドミントン】リオ五輪銅メダリスト奥原・全日本総合連覇へ
関連記事
12/08(木)
(TBSテレビ[Nスタ])
【卓球】卓球・世界ジュニア選手権・13歳・張本智和・最年少V
南アフリカ・ケープタウンで行われている卓球・世界ジュニア選手権。
日本時間のきょう行われた男子シングルス決勝で、日本の13歳、張本智和が大会史上最年少優勝を果たした。
張本智和は仙台市出身。
2歳で卓球を始めた。
両親はともに中国で活躍した卓球選手で、英才教育を受けて育った。
母・凌は元中国代表。
世代別の全日本選手権では6連覇を達成するなど、天才卓球少年として注目されている。
トレードマークはエビ反りで雄叫びを上げる姿。
女子フィギュアスケート・荒川静香(2006年・トリノ五輪金)のイナバウアーに似ていることから、ハリバウアーと呼ばれている。
張本智和は「動画などを自分で見るとこんなにうるさいのだと思ったりする」と話した。
18歳以下で争う世界ジュニア選手権。
決勝に進んだ張本智和の相手は世界ランク2位の強敵だった。
張本智和の勝利のポーズは、リオ五輪・卓球シングルス銅メダリスト・水谷隼を彷彿とさせる仰向けガッツポーズだった。
フルゲームの死闘を逆転で制した張本智和が、大会史上最年少13歳でジュニア世界一に輝いた(06・松平健太の15歳259日を更新)。
張本智和4-3チョスンミン(韓国)。
写真:ロイター/アフロ。
関連ページ
気になるスポーツ


▲画面のトップへ