JCCテレビすべて
最新のTV情報
2016年12月07日(水)
最新TV速報
     
【最新のTV情報】
2016/11/30
TBSテレビ 【NEWS23】
“カジノ法案”きょう審議入り・自民「今国会成立を」慎重論も
関連記事
12/07(水)
(テレビ朝日[報道ステーション])
「カジノ法案」週内にも成立・後回し“依存症対策”の実情
今国会初めての安倍首相と民進党・蓮舫代表との党首討論が行われ、カジノ法案についての応酬があった。
ジャーナリスト・後藤謙次は「党首討論の土俵は蓮舫だった。
安倍首相は議員立法の言葉を何度も繰り返していた。
議員立法の最高責任者は自民党総裁だから安倍首相は答弁する義務があったと思う。
なぜ急いでいるかとの問いに明確な返答はなかった。
法律が通ってしまうと国交省に法案の中身がいってしまって国民からは見えないところで実施法が決まってしまう」とスタジオコメント。
ギャンブル依存症、成長戦略について言及。
12/07(水)
(テレビ朝日[報道ステーション])
「カジノ法案」週内にも成立・後回し“依存症対策”の実情
今国会初めての安倍首相と民進党・蓮舫代表との党首討論が行われ、カジノ法案についての応酬があった。
日本書紀には689年に双六を禁止するとの記載がある。
明治時代からは法律で賭博を禁止。
競馬や競輪は公営ギャンブルとして認められパチンコは景品を現金に換えるシステムが確立している。
ギャンブル依存症の疑いがある人は536万人(厚労省発表)。
ギャンブル依存症の国の対策は不十分。
来年度予算案に厚労省が要求しているのは約5億円だがここには薬物やアルコール依存症分も含まれている。
カジノ法案に対する附帯決議の一部を紹介。
ギャンブル依存症への具体的な対策は実施法任せとなっている。
街の人にカジノ法案について聞いた。
ギャンブル依存症問題を考える会・田中紀子代表理事は「治療をやっているドクターは少ない」、静岡大学・鳥畑与一教授は「パチンコやスロットに慣れている人はより多きな刺激を求めカジノ、とりわけスロットマシンに流れていく」とコメント。
浮世絵鑑(明治時代)、大阪市、東京・中央区、港区の映像。
中国人、自民党について言及。
12/07(水)
(テレビ朝日[報道ステーション])
「カジノ法案」週内にも成立・後回し“依存症対策”の実情
今国会初めての安倍首相と民進党・蓮舫代表との党首討論が行われ、カジノ法案についての応酬があった。
民進党・蓮舫代表は「なぜカジノ解禁なのか。
カジノは新たな付加価値は生み出さない。
これのどこが成長産業なのか」と問うと安倍首相は「IR法案のことだと思うが、カジノだけなく、ホテル、劇場、ショッピングモールや水族館を家族で楽しむことができるというもの。
これは議員立法で閣法ではない」と答え法案の中身については取り合わなかった。
しかし最大の旗振り役は安倍首相で、シンガポール視察の時には「この統合型リゾートは日本の成長戦略の目玉になると思う」と語っていた。
国会でなぜ成長戦略になるか問われると安倍首相は「投資があり雇用にも繋がっていくのは事実」と答えた。
自民党はあす委員会で採決したい考えで、週内の成立を目指している。
ただ委員会採決を省略して法案を成立させることも検討している。
ヤミ金について言及あり。
関連ページ
いま政治は
いま海外は
気になる話題


▲画面のトップへ