JCCテレビすべて
スペシャル Globali
2024年07月14日(日)
最新TV速報
【Globali】
 

米・英・中国メディア;日米大手企業(マクドナルド、東芝)の苦渋の再建策(2015/12/22)

異物混入や食の安全問題で大打撃を受けたマクドナルド、また、トップ関与の長期に亘る不適切決算で会社存亡の危機に立たされた東芝が、それぞれ苦渋の再建策に取り組もうとしていると各国メディアが伝えている。

12月22日付米『CNBCニュース』『ロイター通信』記事引用)は、「マクドナルド、一部株式を日本企業に売却へ」との見出しで、「日経電子版によると、不振に喘ぐマクドナルドは、同社の一部株式(時価約1,000億円相当)を日本企業に売却する方針であるという。日本マクドナルドの約50%の株式を保有するマクドナルド米本社重役が来日し、15~33%の株式を日本の商社や投資基金等に売却することを決め、既に候補企業に打診している。...
全部読む

 

米・英国メディア;ISと有志連合の戦いの行方は?(2015/12/14)

イスラム過激派組織イスラミックステート(IS)が仕掛けたと言われる、パリ等での一連の無差別テロ事件を契機に、IS拠点に対して、米国主導の有志連合軍に英国、フランスはもとより、ロシアも協調して空爆を仕掛けている。その成果の一環として、ISの最も高い地位にあり、経験豊富なメンバーの一人である財務トップを殺害することに成功したと米国防総省が発表した。しかし、一方でISは、石油の密売や銀行の略奪などで15億ドル(約1,800億円)もの多額の資金を得ているとの情報もあり、ISと有志連合との戦いは依然果てしがないとみられる。米・英国の最新記事は以下のとおり。

12月11日付米『NYSEポスト』NY証券取引ニュースは、「ISの財務トップが空爆で死亡」との見出しで、「米国防総省のウォーレン報道官は12月10日、米国主導の有志連合による最近の空爆によって、ISの財務トップであるアブ・サレハ容疑者が殺害されたことが確認できたと発表した。同報道官はまた、IS強奪グループの主犯格のアビ・マリアム容疑者と、兵士・武器補給部隊を率いるアブ・ラフマン容疑者も殺害されたと述べた。...
全部読む


その他の最新記事
▲画面のトップへ
ランキング 注目パーソン
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
シーズンズ フォト 季節を楽しもう
シーズンズ フォト 季節を楽しもう
シーズンズ フォト 季節を楽しもう
シーズンズ フォト 季節を楽しもう
シーズンズ フォト 季節を楽しもう
シーズンズ フォト 季節を楽しもう
シーズンズ フォト 季節を楽しもう
シーズンズ フォト 季節を楽しもう
シーズンズ フォト 季節を楽しもう
シーズンズ フォト 季節を楽しもう
人気ランキング