JCCテレビすべて
スペシャル Globali
2020年08月15日(土)
最新TV速報
【Globali】
 

中国海軍;米軍艦火災事故を尻目に大型強襲揚陸艦を着々と建造・就役【欧米メディア】

7月21日付GLOBALi「米軍艦火災;4日で鎮火もインド太平洋地域での遠征作戦に数年に及ぶ影響」で報じたとおり、米軍最新鋭ステルス戦闘機F-35B(短距離離陸・垂直着陸型)受け入れ用に甲板増強工事等を実施中だった強襲揚陸艦が火災に遭い、4日で鎮火したものの、インド太平洋地域を含めた遠征作戦に数年に及ぶ影響をもたらす見込みとなった。そうした中、米軍事力との差を縮めようと軍備増強に走ってきた中国が、火災を起こした米軍艦と同類のヘリコプター搭載強襲揚陸艦を続々と建造・就役させようとしている。

7月20日付『ロイター通信』:「中国、アジアに留まらず世界で米軍に対抗すべく強襲揚陸艦を増強」

中国は21世紀に入って以降、超大国の米国に軍事力でもその差を縮めようと国を挙げて取り組んできている。

特に、2012年に就任した習近平(シー・チンピン)国家主席の主導で、人民解放軍(PLA)の近代化に力が注がれた。

そして現在では、ミサイル増産、大型装甲車や軍艦増強によって、中国沿岸に敵が侵攻して来ないよう十分な体制が整いつつある。...

全部読む

 

日本ではスポーツ活動中に子どもに体罰:国際人権団体報告書

国際人権団体ヒューマン・ライツ・ウォッチは、日本で子どもがスポーツ活動中に暴力に遭っているという調査報告書を発表。50競技以上にわたるスポーツ経験者からの回答をもとに、スポーツ選手がコーチから竹刀で殴られたり、水分補給を禁じられたり、性的嫌がらせを受けている等の実態を明らかにしている。

7月20日付仏『フランス24』(ロイター通信)は「日本の児童アスリートが殴られ虐待されている、とヒューマン・ライツ・ウォッチの報告書」との見出しで以下のように報道している。

国際人権団体ヒューマン・ライツ・ウォッチ(HRW)の報告書によると、日本ではスポーツの練習中に、子どもが身体的や言葉の虐待を受けており、時に性的虐待もあるという。月曜、「数えきれないほど殴られて」という表題で67ページに及ぶ報告書が公表され、日本のスポーツにおける身体的体罰の歴史、 50種のスポーツで800人以上の人からの体験談を掲載。...

全部読む


その他の最新記事
▲画面のトップへ
ランキング 注目番組 注目パーソン
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
人気ランキング
注目番組