JCCテレビすべて
スペシャル Globali
2021年03月06日(土)
最新TV速報
【Globali】
 

中国王毅外相、米中関係の軌道修正を求める

中国はバイデン米政権に対し、中国製品への追加関税を早急に撤廃する等、トランプ前政権の対中強硬路線からの転換を求めている。

2月22日付『ロイター通信』は「中国が米中関係の再建を求める」との見出しで以下のように報道している。

中国の王毅外相が22日、外務省主催のフォーラムで、アメリカと中国の関係悪化が改善されれば、気候変動やコロナ禍などの問題で両国は協力することができると述べた。トランプ元大統領のもとに二国間は冷え込んだが、中国は、米国との建設的な協議を再開する用意があるとし、米国に対して、中国製品への関税撤廃と中国の技術分野への不当な抑圧を求め、これらが協力関係の前提として必要条件だとした。...

全部読む

 

台湾;中国軍の度重なる防空識別圏侵入に連日スクランブル発進して警告【米メディア】

既報どおり、ジョー・バイデン大統領(78歳)は、アジア政策においてはもっぱら、中国の軍事力及び経済力の台頭を阻止することに注力すると明言している。これに対して中国は、米新政権の方針に反発するかのように、米国が同盟国・友好国として支持する日本の尖閣諸島領海内や台湾の防空識別圏(ADIZ、注後記)に武装海警艦や戦闘機を差し向けている。そして、台湾はこの圧力に屈しないとばかり、度重なる戦闘機の侵入に対してスクランブル発進(対領空侵犯措置)を実行して警告している。

2月20日付米『ボイス・オブ・アメリカ』『ロイター通信』配信):「台湾、中国軍戦闘機による南シナ海の台湾のADIZ侵入に対してスクランブル発進」

台湾国防部(省に相当)は2月20日、中国軍戦闘機及び爆撃機十数機による度重なるADIZ侵入に対して警告するため、2月19日、20日と連日スクランブル発進を実行したと発表した。

中国は、台湾を自国の領土だと主張していて、直近数ヵ月の間、台湾のADIZ、主として南シナ海北端の東沙諸島(プラタス、台湾が実効支配)上空で航空機侵犯を繰り返している。...

全部読む


その他の最新記事
▲画面のトップへ
ランキング 注目番組 注目パーソン
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
人気ランキング
注目番組