JCCテレビすべて
スペシャル Globali
2022年11月30日(水)
最新TV速報
【Globali】
 

米議事堂乱入事件の重要容疑者である元警察官に有罪判決【欧米メディア】

既報どおり、昨年1月6日発生の米議事堂乱入事件の容疑者は770人余りに上り、有罪判決が下された230人のうち、禁固刑は127人で他は微罪とされている。そしてこの程、重要容疑者とされていたバージニア州警察の元警察官に対して、懲役7年3ヵ月の有罪判決が下されている。

8月12日付『ロイター通信』は、「元警察官、米議事堂乱入事件の主導的役割を演じたと認定されて7年超の禁固刑」と題して、バージニア州警察の元警察官が非番の時にワシントンDCに赴き、議事堂乱入事件発生の主導的行動を取ったと認定されて、これまで有罪判決を受けた容疑者の中で最も重い刑が下されたと報じている。

米司法省報道官は8月11日、昨年1月6日に発生した議事堂乱入事件に関わったバージニア州警察の元警察官に対して、7年3ヵ月の禁固刑が科せられたと発表した。...

全部読む

 

ロシア憲法改正;異性間のみの婚姻規定より、LGBTQを推定させるとしてレインボーアイスクリームまで非難対象に【米・ロシアメディア】

7月4日に発効したロシア改正憲法は、ウラジーミル・プーチン大統領の長期続投が可能になったことが大きな話題になっている。ただこれ以外にも、国際社会から受け入れ難い条項がある。今回報道されたのは、ロシアで子供向けに販売されているレインボーアイスクリームが非難対象になっているとの話題で、それは改正憲法で、“婚姻は異性間のみ”と明記されたことから、LGBTQ(注1後記)推進を奨励していると取られると批判されたという。そこで、同大統領も早速実態調査に乗り出すと表明している。

7月7日付米『ニューヨーク・デイリィ・ニュース』紙:「ロシアの“レインボーアイスクリーム”が同性愛を助長するとの非難の声に、プーチン大統領が実態調査を表明」

ロシアの有名な政治家がウラジーミル・プーチン大統領に対して、カラフルな色が売りで子供向けに販売されているレインボーアイスクリームが、改正憲法規定に反して、同性愛という思想を子供たちに植え付ける恐れがあると直訴した。

ロシア女性連合のエカテリーナ・ラホーバ代表で、7月3日に開催された同大統領との公開テレビ討論会で、“同アイスクリームの宣伝文句によって、子供たちがLGBTQを象徴する旗などに親しみを感じ易くさせる恐れがある”と訴えた。...

全部読む


その他の最新記事
▲画面のトップへ
ランキング 注目番組 注目パーソン
最新のTV・CM  最新CMはコチラ>>
人気ランキング
注目番組