JCCテレビすべて
スペシャル Globali
2022年11月27日(日)
最新TV速報
【Globali】
 

中国政府:10月開催の共産党大会までに習国家主席主導の”ゼロコロナ政策”結実のため長期休暇期間の旅行制限【欧米・中国メディア】

中国では、10月中旬に5年に一度の全国人民代表大会(共産党大会)が開催される。そこでの最大の関心事は、習近平国家主席(シー・チンピン、69歳、2012年就任)の異例の3期目が承認されるかどうかである。このため、同国家主席主導の“ゼロコロナ政策”の成果を見せる必要があり、9月中旬及び10月初めの長期休暇期間において、特に新型コロナウィルス(COVID-19)感染再拡大にある大都市圏では、不要不急の旅行を制限する通達が出されている。

9月8日付欧米『ロイター通信』は、「COVID-19感染再流行下、より多くの大都市で長期休暇期間の旅行自粛を呼びかけ」と題して、中国では比較的早い段階でCOVID-19封じ込めに成功し全国的に安定推移してきたが、今年になってオミクロン変異株が再び猛威を振るい始めていることから、これから秋にかけて続く長期休暇期間において、全国の大都市圏で旅行の自粛が呼びかけられていると報じた。

今年に入ってCOVID-19再流行が起こっている中国において、多くの都市で感染拡大防止のため、数千万人規模に及ぶ都市封鎖措置が講じられている。...

全部読む

 

中国政府;米下院議長が台湾訪問すれば相応の報復、と脅し【米・中国メディア】

既報どおり、中国政府は米国政府の台湾接近に対して非常に神経を尖らせている。5月には、外交部門トップが、台湾の世界保健機関(WHO、1948年発足)総会出席を後押しするバイデン政権を恫喝すれば、6月には、国防部門トップが、アジア安全保障会議(シャングリラ対話、注1後記)において、台湾独立阻止のためには米国とも徹底抗戦すると改めて宣言している。そして今度は、一時延期となっていた米下院議長の台湾訪問の日程が明らかになったことから、中国外交部が改めて相応の報復を行うと表明して牽制した。

7月19日付米『AP通信』は、「中国政府、もしペロシ米下院議長が訪台すれば“強烈な報復措置”を講ずると脅し」と題して、一時延期となっていたナンシー・ペロシ下院議長(82歳、2019年就任、カリフォルニア州選出民主党議員、1987年初当選)の訪台の日程が明らかになったことから、中国外交部が改めて相応の報復を行うと表明して牽制したと報じている。

中国外交部(省に相当)は7月19日、もしナンシー・ペロシ下院議長が台湾を訪問すれば、“断固として強烈な報復措置”を講ずると表明した。...

全部読む


その他の最新記事
▲画面のトップへ
ランキング 注目番組 注目パーソン
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
人気ランキング
注目番組