JCCテレビすべて
スペシャル Globali
2024年07月24日(水)
最新TV速報
【Globali】
 

国際ハンディキャップ報告:2023年は爆発物兵器での記録的な被害者数の増加(2024/04/23)

『フランス国際ラジオ局(RFI)』4月22日付けによると、 月曜日に発表された国際ハンディキャップNGOの年次報告書で、2023年には世界の1/3に相当する約75か国と地域において、民間のインフラや民衆への爆発物兵器の使用によるにより、これまでにない被害者数を記録したという。報告書によると、都市部に対して使用された爆発物兵器の犠牲者の90%は、民間人であるという。

報告書によると、民間人の犠牲者の数は2022年に比べて、122%増加したという。特に、医療施設(763件、2023年は前年度より+12%増加)や教育施設(+80%増加)や人道支援施設などのインフラへの攻撃が著しく増加したと報告している。

一方、ガザ地区での戦闘では、昨年10月7日でのパレスチナのハマス軍事組織の攻撃への報復としてイスラエル軍が6カ月間攻撃を行っているが、このことが被害状況や犠牲者の増加に大きく影響している。...

全部読む

 

ドイツ首相、この時期の訪中&首脳会談は”もしトラ”の場合の布石?【欧米メディア】(2024/04/15)

岸田文雄首相(66歳、2021年就任)の訪米について、外交筋の見方では、米国第一主義のドナルド・トランプ前大統領(77歳、2017~2021年在任)がもし大統領に返り咲いた場合も想定しての日米同盟関係強化にあったと言われる。そうした中、欧州連合(EU、1958年前身設立)の雄であるドイツ首相がこの程、訪中して両国首脳会談を開くことになったが、同じく“もしトラ”の場合を想定して、長期化するウクライナ戦争や激化するイスラエル・イラン対立を治めるには(米国ではなく)中国の仲介が必要と考えてのこととみる向きもある。

4月14日付『ロイター通信』『AFP通信』は、ドイツ首相がこの程、中国製電気自動車(EV)の欧州輸出やウクライナ戦争継続のロシアへの支援問題を討議するために訪中すると報じている。

ドイツのオラフ・ショルツ首相(65歳、2021年就任)は4月14日、2022年11月以来就任後2度目の訪中をしている。

今回の訪中は3日間にわたるものだが、イスラエル・ハマス戦争に端を発したイスラエル・イラン間対立が激化しつつある時期のことであり、また、ウクライナ戦争を止めようとしないロシアについて中国が依然支持を継続している最中のことである。...

全部読む


その他の最新記事
▲画面のトップへ
ランキング 注目パーソン
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
シーズンズ フォト 隅田川シーズンズ
シーズンズ フォト 季節を楽しもう
シーズンズ フォト 季節を楽しもう
シーズンズ フォト 季節を楽しもう
シーズンズ フォト 季節を楽しもう
シーズンズ フォト 季節を楽しもう
シーズンズ フォト 季節を楽しもう
シーズンズ フォト 季節を楽しもう
シーズンズ フォト 季節を楽しもう
シーズンズ フォト 季節を楽しもう
シーズンズ フォト 季節を楽しもう
人気ランキング