JCCテレビすべて
特集 北朝鮮を追う
2019年09月20日(金)
最新TV速報
【北朝鮮を追う】
平壌宣言から1年、その成果は(9月19日)
 韓国の文在寅大統領が平壌を訪問し、9月平壌共同宣言を表明してから1年が経過した。平壌共同宣言の成果はどのようになっているのか。

平壌共同宣言は6項目からなっている。
1.軍事的敵対関係の終息をめざす、2.民族経済を発展させる、3.離散家族の再会、4.協力と交流を推進、5.非核化を推進、6.金正恩委員長のソウル訪問、であった。

 6.については2018年内にもとされていたが、結局実現しなかった。...
全部読む


北朝鮮漁船をロシアが拿捕(9月18日)
 ロシア連邦保安局によると、17日(現地時間)、2隻の北朝鮮の漁船および北朝鮮の80名余の乗組員がロシアの海域で違法操業していたとして拿捕された。報道によれば、拘束の際に、ロシアの警備隊員3名が襲撃されて負傷した。

 事件は日本海のロシアの排他的経済水域で発生した。当時ロシアの警備隊が北朝鮮の2隻の漁船と11艘のモーターボートがロシアの海域で違法操業していたことを発見し、そのうちの1隻に警備隊員が臨検しようとしたところ、乗組員が攻撃を行ったもの。...
全部読む


第4次米朝首脳会談開催か(9月17日)
 第4次米朝首脳会談が開催される見通しが大きくなっている。16日付の韓国の「中央日報」が伝えたもので、金正恩委員長は最近の親書のなかで、トランプ大統領を平壌に招待すると書いていたという。トランプ大統領がタカ派のボルトン大統領補佐官を解任したことも、北朝鮮の積極的姿勢を引き出したのではないかと、韓国の消息筋は見ている。

 金正恩委員長は8月の第3週にトランプ大統領に親書を書き、米朝首脳会談を提案し、トランプ大統領を平壌に招待した。...
全部読む


状況は北朝鮮有利に展開か(9月14日)
(状況は北朝鮮に有利な方向に進んでいる)

韓国がGSOMIAを破棄、トランプ大統領がボルトン大統領補佐官の解任を発表した。

米国・財務省が北朝鮮のハツカー集団を制裁指定などの動きはあるものの、北朝鮮にとっての障害物が次から次へと取り除かれており金正恩委員長にとって望ましい状況が着実にできつつある。こうした中、北朝鮮がまたもや日本海に向けて飛翔体2発を発射した。北朝鮮に対しては国連からも国際社会からも大きなクレームもなく、やりたい放題である。...
全部読む


脱北者:18年は1137人、19年上半期は546人(9月14日)
 韓国の統一部によると、2018年に韓国に入境した北朝鮮からのいわゆる脱北者は1137人で、19年上半期は546人であった。金正恩政権発足直後の2012年には1502人、13年は1514人であったことからすると、増減はあるものの傾向的には減少傾向にある。2019年も下半期も上半期と同じペースであるとすると、18年よりは脱北者の人数が減少する可能性もある。なおピークは2009年で2914人であった。...
全部読む


過去の記事
1 2 3 .... 10 20 30 .... 109

「北朝鮮を追う」内の検索
▲画面のトップへ
ランキング 注目番組 注目パーソン
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  営業マン横道日記
人気ランキング
注目番組