JCCテレビすべて
特集 大谷翔平・二刀流で大活躍
2018年04月26日(木)
最新TV速報
【大谷翔平・二刀流で大活躍】
アストロズ戦に先発(4月25日)
昨年のワールドシリーズ王者のアストロズ戦に大谷翔平が3勝目をかけて先発出場。

6回途中、7奪三振、3失点、1点リードした状態で降板した。

降板直後に逆転され勝ち投手の権利がなくなった。エンゼルスが7回に4点獲得し再逆転。8-7でエンゼルスが勝利した。


初4番(4月23日)
ジャイアンツ戦で大谷翔平はメジャー移籍後、初の4番、指名打者でスタメン出場した。
第3打席でライト前ヒットを放ち、この日は4打数1安打だった。


4打数2安打(4月21日)
エンゼルス・大谷翔平はジャイアンツ戦に6番指名打者で先発出場。

前試合ではノーヒットだったが、今回は4打数2安打。今シーズン4回目の複数安打となった。試合は8-1でエンゼルスが敗戦。

右手のマメが影響・2回3失点で降板(4月18日)
大谷翔平が、ピッチャーとして3連勝がかかるレッドソックス戦に先発した。

1回、先頭打者のベッツにホームランを打たれる。制球に苦しみながらも4番マルチネスを三振。初回をなんとか乗り切ったが、2回に入ってからも制球に苦しむ。2点を奪われながらも2回を終える。66球も投げた。結局、2回3失点で降板となった。

エンゼルスは大谷の右手にできたマメが影響したと発表している。


“翔タイム”は寒さでお預け(4月16日)
大谷翔平選手が3連勝をかけて登板する予定だった試合が中止になった。理由は、季節外れの雪である。

インディアンス戦では、第2号ホームラン。アスレチックス戦では、3試合連続ホームラン。ロイヤスズ戦では、技ありの一打で、エンゼルス5-4ロイヤルズ。

大谷選手の魅力は、プレーだけではない。ロイヤルズ戦試合前、敵チーム・ロイヤルズファんの6歳男児にバットをねだられ、一旦はロッカーに戻ったが、バットをプレゼントした。...
全部読む

7番に“昇格”エンゼルス・大谷翔平・3試合連続ヒット(4月14日)
エンゼルス対ロイヤルズ戦で、エンゼルス・大谷翔平が7番指名打者でスタメン出場し3試合連続のヒット、2塁打を放った。

大谷はこれまでの8番から打順が上がり初めての7番で出場。あさって16日のロイヤルズ戦では投手での先発出場が予定されている。

初めての敬遠(4月13日)
エンゼルス・大谷翔平選手は、8番指名打者でロイヤルズ戦にスタメン出場した。6回に申告敬遠され、球場は大ブーイングとなった。
次の7回2死満塁で三塁打を放ち、3打点。

1-7でエンゼルスが勝利した。


先制のタイムリーヒット(4月12日)
レンジャーズ戦、8番指名打者でスタメン出場した。
大谷翔平は2回に先制のタイムリーヒットを打ち、8打点目。
チームは7-2で勝利した。

第4打席ではフォアボールで出塁。日本ハムにいたマーティン投手がピッチャーで登場した。牽制球でアウトと判定されるが、抗議によりビデオ判定でセーフになった。直後にまた牽制球。今度はアウトになり、苦笑いだった。試合後、「日本ハム時代にはあんなに早い牽制をみたことがなかった」とコメントした。...
全部読む

野球カード価格高騰(4月11日)
大谷翔平の直筆のサイン入りの野球カードが、インターネットのオークションサイトで、開幕前は20万円前後で取り引きされていたが、活躍を受けて価格が高騰し約72万円にもなっている。

また米国メディアによると、9日から10日にかけて、野球カードを製造販売する会社に、10万枚以上の発注があったと報道されている。


大谷翔平・週間MVPに(4月10日)
大リーグ、投打の二刀流でプレーするエンジェルス・大谷翔平が、早くもアメリカンリーグの週間最優秀選手に選ばれた。
大谷翔平はアスレティックス戦で7回を投げ、2勝した。大谷は「選ばれて光栄」とコメントした。

大谷衝撃の2勝目・7回1安打無失点、12Kの快投(速報)(4月9日)
エンゼルス・大谷翔平がアスレチックス戦に先発登板した。

7回を投げ切り、無失点、12奪三振と完璧なピッチングだった。


エンゼルス大谷・3試合連続ホームラン (4月7日)
エンゼルス大谷が3試合連続ホームランを打ち、その実力をいかんなく見せつけた。

米国メジャーリーグで投打の2刀流に挑むエンゼルス・大谷翔平が3試合連続となるホームランを放った。
大谷は8日に投手として本拠地でのデビュー戦に臨む。
エンゼルス13-9アスレチックス(カリフォルニア州アナハイム)。


2試合連続ホームラン!(4月5日)
大リーグでエンゼルス・大谷翔平が2試合連続ホームランという大活躍。

8番指名打者で2試合連続の先発出場となった。2点を追う5回の第二打席でツーアウト二塁の場面で同点となるホームランを放った。


大リーグで初ホームラン(4月4日)
大リーグで投打の二刀流でプレーするエンジェルスの大谷翔平が本拠地で行われたインディアンズ戦で指名打者として本拠地デビューを果たし、最初の打席で大リーグで初めてとなるホームランを打った。

大谷はこの試合4打数3安打3打点の活躍。
大谷翔平は「1本目をホームで打てるのはすごくよかった」とコメントした。
エンジェルス13-2インディアンズ。

大リーグで初先発・初勝利(4月1日)
エンゼルス・大谷翔平が投手デビュー。2回に3ランを打たれ3失点したが、立て直した。
勝ち投手の権利を得て、7回途中で降板。そのままチームが勝利し、初登板、初勝利となった。

▲画面のトップへ
ランキング 注目番組 注目パーソン
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
人気ランキング
注目番組