JCCテレビすべて
特集 米中覇権争い
2020年06月05日(金)
最新TV速報
【米中覇権争い】

米中対立激化の中で日本は(5月30日)
新型コロナ拡大については中国に対する配慮から、パンデミック宣言を出すのが遅れたWHO(世界保健機関)の責任を問う声もあるが、トランプ大統領は「中国に偏向し過ぎている」との理由でWHOからの脱退を決め、拠出している資金を別の衛生分野に充てる考えを明らかにした。この同じタイミングで中国・李克強首相は、米国が抜け日本が主導するTPPへの積極的な参加意欲を示し始めたことが気がかりである。

さらに香港をめぐり中国が「国家安全法」を採択したことについて、トランプ大統領は、中国人留学生3000人以上の追放を検討するなど、中国に対する制裁を発表した。...
全部読む



今、米国で何が起こっているのか(5月30日)
米国では新型コロナウイルスの死者数が遂に10万人を超え、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、仕事を失った人が申請した失業保険の件数は非常事態宣言が出された3月中旬からの合計で4000万件を超えた。こうした中、トランプ大統領は自身が所有するバージニア州のゴルフクラブでゴルフをプレーした。さらにメリーランド州では戦没将兵を追悼するメモリアルデーに参加したが、マスクもせずに参列した。

大統領選でトランプ大統領と戦うことになる民主党・バイデン前副大統領はキャンペーン動画を公開した。...
全部読む




米司法省、朝中の33名を起訴(5月30日)
 米国司法省は28日、朝鮮貿易銀行がマネーロンダリングをしたとして、28名の北朝鮮人と5名の中国人を起訴した。対北朝鮮制裁違反事件としては最大規模のものである。

 報道によると、朝鮮貿易銀行と中国やロシアにある朝鮮貿易銀行の支店が、250のダミー会社に支払ったようにして処理した金額は25億㌦にのぼり、北朝鮮の核兵器の開発のための資金となっていた。このようなマネーロンダリングは2013年から始まっており、今年の1月まで続いていた。...
全部読む


応酬・中国・米国制裁なら「断固反撃する」(5月26日)
中国で開かれている全人代・全国人民代表大会では香港の「国家安全法」を審議した。

米国のオブライエン大統領補佐官は「国家安全法」が導入された場合、中国政府関係者らに制裁を科すことなどを示唆している。

中国外務省はこれに対し「香港問題に米国が指図する資格はない」と反発した。

米国が中国の利益を損なうのであればあらゆる必要な措置を講じ断固反対すると対抗措置を取る姿勢を示した。



米国政府高官・中国に対し制裁示唆(5月25日)
米国政府の高官は、中国が香港の治安維持のための法律を制定すれば制裁を科す可能性があることを示唆し、警告した。

米国では、去年、香港人権法が成立し、国務長官が毎年、香港の現状を議会に報告し、高度な自治が失われたと判断した場合、通商上の優遇措置の停止や当局者への制裁を行うことができる。

米国・オブライエン大統領補佐官は「現状では、中国がこの法律を制定すれば、香港で高度な自治が維持されているとポンペイオ国務長官が認めるのは難しいだろう」と述べた。...
全部読む


過去の記事
1 2 3 .... 10 20 30 .... 99

「米中覇権争い」内の検索
▲画面のトップへ
ランキング 注目番組 注目パーソン
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
シーズンズ フォト 江戸川シーズンズ
人気ランキング
注目番組