JCCテレビすべて
特集 はやぶさ2
2019年05月20日(月)
最新TV速報
【はやぶさ2】
人工クレーターを確認(4月26日)
はやぶさ2は、5日に人工のクレーターを作るため小惑星の表面に金属の塊を衝突させる実験に成功した。きのう、上空からリュウグウを撮影し、人工クレーターができていることを確認した。

はやぶさ2は今後、改めて小惑星に接近して、詳細に人工クレーターとその周囲を調べる計画で、安全だと判断すれば、着陸して、岩石採取を試みる。


人工クレーターに成功(4月5日)
JAXAは、はやぶさ2が小惑星の表面に金属の塊を衝突させクレーターを作ることに成功したと発表した。

今後はクレーターの上空にはやぶさ2を接近させ観測を始める。来月以降、リュウグウに再度着地し内部の石や砂の採取にも挑戦する計画。


はやぶさ2・リュウグウに金属弾発射(4月5日)
はやぶさ2は小惑星「リュウグウ」の内部を調べる世界初のミッションに挑戦している。

クレーターをつくる装置の分離に成功し、計画通りであれば午前11時半すぎに小惑星に向けて金属の塊を発射、小惑星表面に衝突させたとみられる。

JAXAは今後送られてくる写真などをもとにクレーターを形成できたか判断する予定で、早くてもきょう夕方以降になるという。


はやぶさ2が新ミッション・リュウグウにやぶさめ(4月2日)
小惑星リュウグウへの着陸に成功した探査機はやぶさ2は、その後もリュウグウに水の成分を確認するなど、成果を上げ続けている。

今週、金属を発射させ、人工的なクレーターを作り内部を調べる新たな任務に挑戦する。


はやぶさ2・リュウグウに水の存在を確認(3月20日)
はやぶさ2の研究チームは、小惑星「リュウグウ」のこれまでの観測の結果、岩石に取り込まれた形で水が存在することを確認したと発表した。

今回、はやぶさ2がリュウグウの表面を上空から観測したところ、水の成分を含む鉱物が広く分布していることがわかった。

はやぶさ2は岩石の採取に成功したと見られており、地球の水や有機物がどこからもたらされたか解明する手がかりになる。

また小惑星「リュウグウ」のもとになったのは火星と木星間の小惑星帯にある「ポラナ」か「オイラリア」の可能性が高いとのこと。


過去の記事
1 2 3 .... .... 3

「はやぶさ2」内の検索
▲画面のトップへ
ランキング 注目番組 注目パーソン
最新のTV・CM  最新CMはコチラ>>
人気ランキング
注目番組