JCCテレビすべて
特集 風の流れ
2019年12月06日(金)
最新TV速報
【風の流れ】
イラン・欧州諸国が次官級協議・タンカー拿捕で批判の応酬(7月29日)
崩壊の危機に直面するイラン核合意の存続に向けて、ウィーンでイランと英国、フランス、ドイツなどが次官級の協議を行なった。

しかし会合では、イランと英国が相手国のタンカーを拿捕した問題をめぐって互いに批判を繰り広げるなど、厳しい局面が続いている。

核合意は、去年離脱を表明した米国による経済制裁によって原油の輸出など約束された経済的利益が得られていないとして、イランが今月ウラン濃縮度の引き上げに踏み切り、存続が危ぶまれている。...
全部読む


フランス・ルメール経済相・デジタル課税・G7サミットで合意目指す考え示す(7月28日)
フランス・ルメール経済相は、大手IT企業を対象にした独自のデジタル課税に対して米国の反発が強まる中、来月フランスで開かれるG7サミット(主要7か国首脳会議)で国際的なルールの合意を目指す考えを示した。

フランスの「デジタル課税」は、大手IT企業を対象に独自に課税するもので今月、議会で可決成立した。これに対し米国政府は、グーグルやアマゾンなど米国のIT企業を不当に標的にしていると反発していた。...
全部読む



日韓交流事業・影響広がる(7月27日)
太平洋戦争中の徴用の問題や輸出管理の厳格化をめぐって日韓関係が悪化し韓国で日本への反発が高まっている。

こうした中、韓国との交流事業が相次いで中止されるなど影響が広がりつつある。福岡県・博多港は年間13万人の韓国人が利用している。しかしターミナルにある飲食店店主は「お客さんがけっこう減っていて困っている」と話した。

博多・釜山間のフェリーを運航している会社では今月に入って乗客が4割減少した。...
全部読む


ヨーロッパ中央銀行・9月に追加の金融緩和か(7月26日)
ヨーロッパ中央銀行は会合を開き、主要な政策金利を0%に、金融機関から資金を預かる際の金利を、マイナス0.4%で据え置くことを決めた。

一方、今後については必要に応じて、金融機関から資金を預かる際の金利を、さらに引き下げることがありうるという認識を示した。

また、各国の国債などを買い入れて、市場に大量の資金を供給する量的緩和の再開を検討するとしていて、市場関係者の間では次回9月の会合で追加の金融緩和が行われるとの見方が広がっている。...
全部読む


日韓WTOで輸出管理議論・主張に大きな食い違いで対立(7月25日)
スイスのジュネーブで開かれたWTOの一般理事会では、日本時間のきのう、日本が韓国に対して半導体の原材料などの輸出管理を厳しくした措置が議論された。

韓国政府は、日本の措置の背景には「徴用を巡る政治的な思惑があり、国際的な貿易体制に打撃を与える」と訴えた。これに対し日本政府は「過去の問題には関係なく安全保障の観点から輸出管理の運用を見直したものでWTOのルールに沿っている」と反論した。

会合では、ほかの国からの発言はなく、最後に議長を務めるタイの大使が「まずは二国間でよく話し合うべき」だと述べ、議論を終えた。...
全部読む


過去の記事
1 ... 29 30 31 . 40 50 60 . 287

「風の流れ」内の検索
▲画面のトップへ
ランキング 注目番組 注目パーソン
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
人気ランキング
注目番組