JCCテレビすべて
特集 風の流れ
2017年02月27日(月)
最新TV速報
     
【風の流れ】
東京はどこへ行く(2月27日)
昨日26日には、11回目の東京マラソンがコースを一新して行われ、成功裏に終わった。2020年には東京五輪が開催される予定であるが、今年7月には都議会選挙が行われ、来月は都議会で豊洲市場問題を中心に「百条委員会」が開かれる。

その東京都であるが、都議会のドンこと都議会自民党・内田茂都議が、都議選不出馬を正式表明した。
小池百合子都知事は「ブラックボックス」「ドンが全て東京の選出の国会議員の公認を握っている」「千代田区長選は代理戦争だ」と語っていた。...
全部読む

米墨国境を巡り緊張高まる(2月24日)
米国ABCによると、トランプ大統領の不法移民取り締まりに反対、賛成両派の間で緊張が高まっている。トランプ大統領はこれは国境での軍事行動だと述べた。
しかしケリー国土安全保障長官は全く違う言葉で語っている。ケリー国土安全保障長官は「移民の取り締まりで軍事力は行使していない」と述べた。

スパイサー報道官は大統領の軍事行動という言葉について説明を求められ、「大統領は形容詞として使った」とした。

ケリー国土安全保障長官はティラーソン国務長官とメキシコを訪れている。...
全部読む

ロシアの北方領土戦略(2月23日)
ロシア下院議会でロシア・ショイグ国防相は北方領土を含む島々について「われわれは島々を防衛するため積極的な行動を続けている。」と述べ、今年中に軍の新しい師団を配置する考えを明らかにした。

北方領土を含む島々では択捉島と国後島に合わせて3500人規模のロシア軍が駐留しているとされ、最近では新型の地対艦ミサイルシステムが配備されたことが明らかになったばかりのタイミングである。

日本とロシアは来月いずれも東京で北方領土での共同経済活動に関する外務次官級の協議や外務や防衛の閣僚会議などが開催される予定だが、ロシアとしては対話が活発化する中でも自国の領土だとしてこの地域の防衛力を強化する姿勢を鮮明にしている。...
全部読む

北朝鮮、中国の不気味な動き(2月22日)
マレーシアのクアラルンプールで起きた「金正男暗殺」事件は世界中の注目を集めている。
ついにはナジブ・マレーシア首相が、「北朝鮮の大使の発言は外交上無礼だとみなされる」と不快感を示し、北朝鮮との共同捜査は受け入れない意向を示した。

韓国でも、外務省報道官が「米国と対応を協議してゆく」と述べた。米韓外相会談でもティラーソン米国務長官が、この事件について相当な関心を表明したことも明かした。
ベトナム外務省も実行犯の一人として逮捕されたベトナム国籍のドアン・ティ・フォン容疑者についてマレーシア当局が接見を禁じているために、身元確認が終わっていないとの声明を出した。...
全部読む

トランプ発言の尻拭いに追われる閣僚ら(2月21日)
トランプ大統領の発言に各国から反発が起きている。トランプ大統領の側近たちはEU本部やイラクを訪れ、発言の火消しに追われている。
「EUから英国に続く離脱国が出るだろう」と発言していたトランプ大統領に対し、EUを軽視するものだとして反発が広がっている。
ヨーロッパを歴訪中のペンス副大統領は20日、「トランプ大統領はEUとの協力関係に深く関わっていく方針だ」と述べ、EU各国の払拭に努めた。

またペンス副大統領は20日、最終訪問地のベルギーの首都ブリュッセルを訪れ、EU本部でトゥスク大統領やユンケル委員長らと相次いで会談した。...
全部読む

過去の記事
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
31 32 33 34 35 36 37 38 39 40
41 42 43 44 45 46 47 48 49 50
51 52 53 54 55 56 57 58 59 60

▲画面のトップへ