JCCテレビすべて
特集 スポーツの神様
2017年05月01日(月)
最新TV速報
     
【スポーツの神様】
巨星、堕つ・第55代横綱北の湖敏満(11月21日)
また一人昭和の大横綱が逝ってしまった。日本相撲協会・北の湖理事長(62)が、20日午後6時55分、直腸がんと多臓器不全により死去した。今場所前から体調不良が続き、協会挨拶には代理を立てていたが、12日目も会場に出勤して、取材陣に応対していたという。最期まで土俵に殉じた相撲人生だった。
 「強過ぎて嫌われた大横綱」「負けた相手に手を差し伸べない美学」など逸話には事欠かない昭和の大横綱・北の湖敏満。...
全部読む

「野球世界一」の奪還へ向けて(11月20日)
19日に行われた野球の国際大会・プレミア12の準決勝で、侍ジャパンは最終回に韓国打線の集中打を浴び3-4で逆転負けを喫した。大会の初代王者を逃したのは非常に残念ではあるが、先発した大谷翔平は7回を1安打に抑え、2塁を踏ませない圧巻のピッチング。また、今大会絶好調の中田翔や、4番も務めた筒香嘉智の台頭もあり、彼らが国際試合を通じて成長できたのは大きな収穫だったと言える。
 大会はまだ続くが、この先の展望について少し確認しておきたい。...
全部読む

全ての道産子から愛されるチームへ(11月19日)
J2・コンサドーレ札幌は来年2月からのチーム名変更とホームタウンの追加を発表した。新名称は「北海道コンサドーレ札幌」で、道内全域をホームタウンとすることになる。Jリーグ球団のホームタウンは市町村単位が原則だが、中心となる自治体のほかに県域全てをホームとしているチームは複数存在する(ザスパクサツ群馬、FC東京、東京ヴェルディなど)。
現在ほかに道内のJチームはない。アマチュアのトップリーグ・JFLにも北海道チームはしばらく誕生しなさそうだ。...
全部読む

「猫だまし」は奇手か?悪手か?(11月18日)
一体何が起きたのか?館客もTVの前の相撲ファンも呆気にとられたことだろう。九州場所十日目、横綱・白鵬が、関脇・栃煌山との一番の立合いで、両の掌を突き出し「パン!」と一閃。かつて“技のデパート“舞の海が使った奇手・猫だましである。通常は格上の相手に繰り出す一種苦し紛れの手段。もちろん横綱が使うのは前代未聞だ。北の湖理事長は「ありえない」と憤慨。ラジオ解説だった元横綱・北の富士勝昭氏も「よろしくないと思うよ」と評した。...
全部読む

「ミスター・プロレス」国技館に帰る(11月18日)
プロレスラー天龍源一郎が引退興行を行った。チケットは完売し、両国国技館を埋めた1万人のファンがミスター・プロレスに別れを惜しんだ。天龍は現在65歳。大相撲からプロレスの世界に飛び込んだのは、現相撲協会理事長の北の湖が綱を張っていた時代だ。それから実に40年近くプロレスの最前線で戦い続けてきた。
ジャイアント馬場とアントニオ猪木の両巨頭からピンフォール勝ちを収めた唯一無二のレスラー天龍源一郎。繰り出される逆水平チョップとサッカーボールキック。...
全部読む

▲画面のトップへ