JCCテレビすべて
特集 スポーツの神様
2017年03月26日(日)
最新TV速報
     
【スポーツの神様】
プロスポーツと企業スポーツのはざまで(12月26日)
日本プロスポーツ協会は25日、2015年の「日本プロスポーツ大賞」にラグビー日本代表を選出した。国内のプロスポーツ表彰で最も権威が高いこの賞は今年で47回を数える。大賞受賞者には、内閣総理大臣杯と賞状が授与され、過去にはプロ野球やJリーグ、プロボクシング、大相撲、プロゴルフなどの選手や団体がその栄誉に浴してきた(ちなみに昨年の大賞はテニスの錦織圭)今回、ラグビーが大賞に輝いたのは1968年に制定されて以来初の快挙だ。...
全部読む

学生相撲から角界へ・スロー&スピード出世(12月25日)
大相撲初場所の新番付が発表された。注目は新関脇の嘉風(尾車部屋)。新入幕から所要59場所での関脇は史上2位のスロー昇進だ。嘉風は学生相撲出身。日体大3年の時には日本選手権を制しアマチュア横綱になった。学生・社会人のアマ4タイトルのいずれかを獲得した者は、1年以内に角界入りすると「幕下付出」という幕下15枚目と同等の資格を得ることができる。だが、嘉風は大学を卒業後に入門したため資格を失い、前相撲からスタートした。...
全部読む

“地上最強” の二人・伊調馨と吉田沙保里(12月24日)
21日から行われていたレスリング全日本選手権。リオデジャネイロ五輪で女子史上初のオリンピック4連覇を目指す二人の世界女王が輝きを放った。一人は58キロ級の伊調馨。もう一人は55キロ級に出場した吉田沙保里だ。両名はすでに9月の世界選手権で優勝しているため、今回の全日本選手権出場でリオ五輪代表に正式決定となる。まずは世界選手権で「失点0」という完璧な強さをみせた伊調馨が国内でも若手を全く寄せ付けず大会5連覇。...
全部読む

王者サンフレッチェ広島・新たな戦いの舞台へ(12月23日)
Jリーグの年間表彰式「Jリーグ・アウォーズ」が21日開かれ、今年のベストイレブンが決定した。2年ぶり3回目の優勝を果たしたサンフレッチェからは青山敏弘、ドウグラス、塩谷司と最多の3名が選出。チームの主将を務めた青山は最優秀選手賞にも初選出された。さらに新人王にあたるベストヤングプレーヤー賞の浅野拓磨(U-23代表)も含めステージ上で存在感を発揮したのは、やはり広島勢だった。今季のサンフレッチェはリーグ最多の73得点をあげるとともに、失点は30とリーグ最少にとどめている。...
全部読む

ボクシング界の“ワンパンマン”内山高志(12月22日)
21日、WBA世界Sフェザー級スーパー王者の内山高志が、大晦日に行われる11度目の防衛戦に向け報道陣に練習公開。5月に左肘の軟骨除去手術も受け、「万全の状態で臨めるのはV2戦以来」と自信を覗かせた。現在9名を数える日本人世界王者の中でも、「エース中のエース」として内山の名を挙げる人は多いだろう。2010年の戴冠から現在まで10度防衛に成功(WBAスーパー王者に認定)。00年代バンタム級で無敗を誇った長谷川穂積と並ぶ日本歴代2位で、具志堅用高の不滅の防衛記録13回まで3つに迫っている。...
全部読む

▲画面のトップへ