JCCテレビすべて
特集 スポーツの神様
2017年03月26日(日)
最新TV速報
     
【スポーツの神様】
元日決戦・そして新たなる戦いの始まり(1月2日)
2年ぶり元日開催のサッカー天皇杯決勝は、ガンバ大阪が浦和レッズを下してチーム史上二度目の連覇。通算5回目の賜杯を手にした。年明け風物詩の日本一を決める戦い。チケットが完売した味の素スタジアムでは、頂点を決めるにふさわしい見応えある攻防が繰り広げられた。
ゲームは序盤から波乱含みの展開で、まずレッズ守備の要・槙野智章がGKと交錯し右手を負傷。ガンバもDFの米倉恒貴が前半12分に足を痛めて途中交代となってしまう。...
全部読む

年末決戦・七人の日本人チャンピオン、奮戦す!(1月1日)
大晦日にTV中継されたボクシング世界戦。日本各地で行われた激戦の中継にくぎ付けになった方も多いのではないだろうか。大阪ではWBAフライ級王者の井岡一翔が見事に2度目の防衛。一方で、IBFミニマム級王者・高山勝成は流血によるドクターストップで残念ながら防衛に失敗した。東京で行われたWBAダブル世界戦では、Sフェザー級スーパー王者の内山高志が日本歴代単独2位となる11回目の防衛記録を更新。Lフライ級王者の田口良一もタイトルを守った。...
全部読む

ボストンで輝け!7つの綺羅星たち(12月30日)
フィギュア全日本選手権は、男子シングルが羽生弦の4連覇、女子が宮原知子の2連覇で幕を閉じた。この結果を受け、来春開催の世界選手権への出場選手が決定。一夜明けて、日本代表男女7人の選手が記者会見を行った。優勝を果たしたものの2度の転倒など「集中力を欠いていた」と反省の言葉を口にした羽生。NHK杯からGPファイナルにかけ、前人未到の“ゾーン”に突入していたそのスケーティングも、流石に連戦の疲れが出ていたのだろうか。...
全部読む

女子サッカーから届け続けた最高の「パス」(12月29日)
「何かまだ来年もグラウンドで走っている気もします」彼女の優勝インタビューを聞いた多くのファンも同じ思いだったのではないだろうか。皇后杯全日本女子サッカー選手権は、INAC神戸レオネッサが1対0でアルビレックス新潟を破り、2年ぶり5度目の優勝。レオネッサの澤穂希はヘディングで決勝ゴールを決め、見事に現役最後の試合で有終の美を飾った。
電撃引退発表後、皇后杯の会場へは彼女の最後のプレーを見ようと大勢のファンが詰めかけ、等々力競技場で行われた決勝戦は大会史上最多の2万379人の観客で埋め尽くされた。...
全部読む

神戸と宮城・二つの被災地を結ぶ香川の思い(12月27日)
24日、ドルトムントの香川真司が、神戸市須磨区でXマスイベントを行った。自費を投じて主催した「シンジ・ドリーム・クリスマス」には、4歳から6歳のちびっ子500人が参加。子供たちは一緒にボールを追いかけて、スーパースターと触れ合った。続く25日は場所を宮城県岩沼市に移し、先月開設されたヤンマーの農業施設でのイベントに登場。招待された小学生らの大歓迎を受けた。年内のリーグ戦を終え、21日にドイツから帰国したばかりだが、子供たちのためオフ返上で、神戸から宮城まで2日続けてのクリスマスプレゼントとなった。...
全部読む

▲画面のトップへ