JCCテレビすべて
特集 スポーツの神様
2017年03月23日(木)
最新TV速報
     
【スポーツの神様】
未来をつかめ!「春の高校バレー」開幕(1月7日)
全国約6,400校の頂点を決める第68回全日本バレーボール高校選手権大会「春の高校バレー」が5日、東京体育館で開幕した。「高校のバレーボール大会は3月開催だったのでは?」と思われた方もいるかもしれない。これは2011年から、それまで夏のインターハイ内で行われていた全日本バレーボール高校選手権大会が1月開催に変更されたためである。それに伴い1970年(昭和45)から41年間“春高“の愛称で親しまれていた従来の「全国高等学校バレーボール選抜優勝大会」は2010年にその歴史に幕を下ろした。...
全部読む

四半世紀を迎える一大イベント「1.4」(1月6日)
1992年から毎年1月4日に開催されている新日本プロレスの東京ドーム大会。今年で25年目を迎えた年始恒例の大イベントに、詰めかけたファンたちは開場前から長蛇の列を作った。1972年設立の国内最古にして最大のプロレス団体・新日本プロレス。だが、96年を頂点に年間売上高は減少。00年代中盤以降ブームが去り、観客動員が低迷していく。一時はゲーム制作企業の子会社となる苦しい時代もあった。
それが一変したのは2012年。...
全部読む

「王者青学」新春を駆ける・箱根駅伝の魅力(1月5日)
第92回箱根駅伝は往路優勝の青山学院大が復路も制覇。他大学を寄せ付けぬ強さで2連覇を果たした。往路・復路で一度も順位を落とさず一位をキープしたのは、実に39年ぶりの快挙である。チームを率いたのは原晋監督。自身も長距離出身で全日本実業団駅伝にも出場経験を持つ原監督が、一昨年から力を入れていたのが体幹トレーニング。テニスのクルム伊達や卓球の福原愛を指導するフィジカルコーチを招き、選手の上半身のしなりを強化することで推進力を増すことに成功したという。...
全部読む

元日決戦・そして新たなる戦いの始まり(1月2日)
2年ぶり元日開催のサッカー天皇杯決勝は、ガンバ大阪が浦和レッズを下してチーム史上二度目の連覇。通算5回目の賜杯を手にした。年明け風物詩の日本一を決める戦い。チケットが完売した味の素スタジアムでは、頂点を決めるにふさわしい見応えある攻防が繰り広げられた。
ゲームは序盤から波乱含みの展開で、まずレッズ守備の要・槙野智章がGKと交錯し右手を負傷。ガンバもDFの米倉恒貴が前半12分に足を痛めて途中交代となってしまう。...
全部読む

年末決戦・七人の日本人チャンピオン、奮戦す!(1月1日)
大晦日にTV中継されたボクシング世界戦。日本各地で行われた激戦の中継にくぎ付けになった方も多いのではないだろうか。大阪ではWBAフライ級王者の井岡一翔が見事に2度目の防衛。一方で、IBFミニマム級王者・高山勝成は流血によるドクターストップで残念ながら防衛に失敗した。東京で行われたWBAダブル世界戦では、Sフェザー級スーパー王者の内山高志が日本歴代単独2位となる11回目の防衛記録を更新。Lフライ級王者の田口良一もタイトルを守った。...
全部読む

▲画面のトップへ