JCCテレビすべて
特集 スポーツの神様
2017年01月23日(月)
最新TV速報
     
【スポーツの神様】
新春頂上決戦の熱気、列島を駆け巡る(1月12日)
この3連休、各種スポーツの選手権が行われ、TV各局で中継された。サッカーは男女とも全国高校サッカー選手権決勝が。バレーボールは高等学校選手権大会(春高バレー)決勝。ラグビーは全国大学選手権と全国高校ラグビーフットボール大会が注目を集めた。また、バスケットボールも全日本総合選手権が開かれ、男女の決勝で熱戦が繰り広げられた。スポーツファンにとっては実に贅沢な3日間であった。
今年のキーワードは「連続優勝」。...
全部読む

より高く、より遠くへ…夢はどこまでも(1月10日)
9日、札幌市宮の森ジャンプ競技場(ヒルサイズ100m)で行われたスキージャンプ・雪印メグミルク杯全日本ジャンプ大会で、43歳の“レジェンド“葛西紀明は97・5m/99mをマーク。合計264・5点で初優勝した。葛西は女子で優勝した高梨沙羅とは実に24歳差。昨年12月19日にはワールドカップ第6戦で3位となり、自身の持つW杯最年長表彰台記録を43歳と196日に更新したばかりだ。その後の第8戦で5位、第11戦でも9位と、日本人最高位を達成。...
全部読む

マエケン、海を渡る・選ばれし者の恍惚と不安(1月9日)
また一人、日本人エースがドジャーブルーのユニフォームに袖を通すことになった。広島の前田健太がポスティング移籍で、ロサンゼルス・ドジャースと8年契約。8日、入団会見を行った。過去ドジャースで戦った日本人メジャーリーガーは6人。そのうち投手は、パイオニアとなった野茂英雄や石井一久ら5人を数える。
広島時代と同じ背番号「18」が用意され、右腕エースとしての球団側の期待も大きい一方、やや不安を抱かせる点もある。...
全部読む

浪速の大関・豪栄道豪太郎、まかり通る!(1月8日)
10日から始まる大相撲初場所。7日、明治神宮で日馬富士、白鵬、鶴竜の3人の横綱が新年恒例の奉納土俵入りを行った。1922年(大正11)から始まった横綱による明治神宮奉納土俵入り。角界の年明けを告げる「不知火型」と「雲龍型」の力強い四股に、集まった4000人を超える参拝客から大きな歓声が上がった。先場所優勝の東横綱・日馬富士は純金をあしらった化粧まわしを初披露。「心を込めて土俵入りさせていただきました」と語った。...
全部読む

未来をつかめ!「春の高校バレー」開幕(1月7日)
全国約6,400校の頂点を決める第68回全日本バレーボール高校選手権大会「春の高校バレー」が5日、東京体育館で開幕した。「高校のバレーボール大会は3月開催だったのでは?」と思われた方もいるかもしれない。これは2011年から、それまで夏のインターハイ内で行われていた全日本バレーボール高校選手権大会が1月開催に変更されたためである。それに伴い1970年(昭和45)から41年間“春高“の愛称で親しまれていた従来の「全国高等学校バレーボール選抜優勝大会」は2010年にその歴史に幕を下ろした。...
全部読む

▲画面のトップへ