JCCテレビすべて
特集 スポーツの神様
2017年03月24日(金)
最新TV速報
     
【スポーツの神様】
プロ13年目の苦労人・駆け抜けろ!城所龍磨(6月24日)
20日、全日程を終了したプロ野球セ・パ交流戦。今季のMVPにはソフトバンク・ホークスの城所龍磨が選ばれた。「本当に嬉しく思いますし、本当にびっくりしています」正に本人も驚きの大活躍だった。打率は12球団トップの4割1分5厘。12打点を叩き出し、チームの2年連続6回目の交流戦制覇に大きく貢献した。
城所は2003年のドラフト2位。去年までは層の厚いチームの中でなかなか出場機会に恵まれず、守備固めや代走などの起用が殆どだった。...
全部読む

バドミントン界の夜明け・期待を背負う選手達(6月23日)
オリンピック開幕目前となり、各競技とも本番モードに突入しつつある。19日は東京・北区のナショナルトレーニングセンターでバドミントン日本代表選手の会見とユニフォームのお披露目が行なわれた。
今年度はオレンジ色を基調にしているバドミントン代表。女子はスコートにフリルが追加され、全体的にゆったり目の仕様に変更された。メダルの期待がかかるシングルス世界ランク5位の奥原希望は「すごく女の子らしくて可愛いと思う」と笑顔。...
全部読む

史上初の4連覇へ・栄光をつかめ!伊調と吉田(6月22日)
無敗の女王がマットに帰ってきた。女子レスリング58キロ級代表の伊調馨が、ポーランド国際大会に出場。今年1月のヤリギン国際大会では決勝でまさかのフォール負け。不戦敗以外では13年ぶりの黒星を喫し、連勝が189でストップしていた。帰国時には「悔しいというより、情けない、ふがいないという気持ち」と語ったが、首も負傷してしまい、それ以降は実戦から離れて練習に明け暮れてきた。4連覇がかかるリオ五輪直前、最後の国際大会での復帰だ。...
全部読む

アゲインスト(逆風)に立つ日本人ゴルファー(6月21日)
男子ゴルフメジャー第2戦・全米オープンはダスティン・ジョンソン(米国)の初優勝で幕を閉じた。日本人トップの世界ランク15位・松山英樹、日本ツアー選手会長・池田勇太、出場10回目のベテラン・谷口徹は残念ながら“予選落ち”。日本人選手では全米初出場の谷原秀人が51位タイ。同じく初出場の宮里優作が、+3の23位タイとなったのが最高位だった。
松山がメジャーで予選を突破できなかったのは9大会ぶりのこと。...
全部読む

交流戦で目覚めた“高卒スーパールーキー”(6月19日)
今年で12年目のプロ野球交流戦も最終カードが終了した。7年連続で今季もパシフィックリーグの勝ち越しとなったが、両リーグともにルーキーの成長ぶりが目立ったのが印象的だった。なかでも存在感が光っていたのが楽天イーグルスのドラフト1位、オコエ瑠偉だ。
開幕から一軍スタメン入りを決めたが、4月はなかなかヒットが出ず、登録抹消も経験したスーパールーキー。しかし、交流戦に入ってからはバッティングも好調で、広島カープ戦でプロ初の一試合3安打を達成。...
全部読む

▲画面のトップへ