JCCテレビすべて
特集 スポーツの神様
2017年02月26日(日)
最新TV速報
     
【スポーツの神様】
“土俵を駆け抜けた疾風”ウルフ・千代の富士(8月2日)
ウルフが旅立ってしまった。「大鵬さん、北の湖さん、千代の富士…何でだろうね、強い順番に逝っちゃうんだな」九重部屋に弔問に訪れた大相撲解説者の北の富士勝昭氏は沈痛な面持ちで言葉を詰まらせる。元横綱千代の富士の九重親方が31日、膵臓がんのため61歳で逝去。昨年の北の湖理事長に続き、角界の巨星が堕ちた。
優勝回数31回。通算勝ち星1045勝など数々の記録を打ち立てた千代の富士。初優勝を決めた昭和56年(1981)初場所の平均視聴率は大相撲中継歴代トップの52・2%。...
全部読む

卓球日本代表リオへ・中国の長城突破なるか?(8月1日)
「やっとリオに着いたなっていうのと、いよいよ試合が始まるんだなって気持ちですごくワクワクしています」羽田からドイツ経由での長時間のフライトを終え、現地時間の午前4時にデジャネイロ空港へ降り立った石川佳純は、記者陣の前で瞳を輝かせた。いよいよ現地入りした卓球日本代表。ロンドン大会では女子団体で日本卓球史上初となる銀メダルを獲得。今年3月の世界卓球選手権では男女共に銀メダルに輝き、リオでは金メダルへの期待が高まっている。...
全部読む

柔道の父の教え・ニッポン柔道の復権をかけて(7月30日)
リオデジャネイロ五輪・パラリンピックに臨む柔道男女代表の壮行式が27日、講道館で行われた(五輪とパラ合同での壮行式は初)。ロンドン五輪で歴史的な大惨敗を喫した日本柔道。金メダルを獲得したのは女子の57キロ級・松本薫と、パラリンピックでの100キロ超級・正木健人の2名のみ。男子は史上初の金メダル0に終わった。男子代表の井上康生監督は挨拶で「全日本の自覚・誇りを胸に、全身全霊をかけて戦っていきたい」と強い決意を述べた。...
全部読む

舞い踊れ5人の妖精たち・フェアリージャパン(7月29日)
「メンバーに選ばれなかった選手の気持ちを忘れず、オリンピックの舞台で最後まで笑顔で踊りたい(杉本早裕吏)」。26日、記者会見を行った新体操日本代表“フェアリージャパン”。中でも注目は団体総合の代表メンバー、杉本早裕吏(さゆり)、横田葵子(きこ)、松原梨恵、畠山愛理、熨斗谷(のしたに)さくらの5名だ。
新体操の日本代表はシドニー五輪では団体総合で5位入賞を果たしたが、続くアテネ五輪は出場を逃した。...
全部読む

ロシアドーピング問題の余波・日本勢の決意は(7月28日)
国際オリンピック委員会・IOCは24日、リオデジャネイロ五輪のロシア選手団出場問題について、条件付きでの参加を認めることを決定した。「過去にドーピング違反による処分がなく、それぞれの国際競技団体の条件を満たした選手」というのが出場条件の骨子だ。ロシアが国家主導で組織的なドーピングを行っていたとする世界アンチドーピング機関・WADAの報告を受け、重大な決断を迫られていたIOCだが、各競技の国際機関に判断を預けた格好になった。...
全部読む

▲画面のトップへ