JCCテレビすべて
特集 スポーツの神様
2017年04月27日(木)
最新TV速報
     
【スポーツの神様】
頂点を極めた史上最強女王・今後の動向は?…(1月21日)
「2020年東京オリンピックも来ます。そこで自分が何をしているかは、まだ自分自身もわかりませんが、日本スポーツ界の発展のために貢献できればと思っています」19日、読売新聞社が主催する第66回日本スポーツ賞の表彰式が、東京都内で行われた。一年で最も活躍したスポーツ選手、チームに贈られるこの栄えある賞は、昭和26年(1951)に制定された国内でも最も歴史のある表彰の一つ。2016年のグランプリに選ばれたのはレスリングの伊調馨だった。...
全部読む

重圧と不安・最大の難敵に打ち克て!稀勢の里(1月20日)
大相撲初場所十二日目。単独トップを走る稀勢の里は、平幕の勢を寄り切りで破り1敗をキープ。2敗で追うのは横綱・白鵬ほか3名という状況だ。残り三日時点で稀勢の里が優勝戦線の先頭に立つのは、平成24年五月場所以来5年ぶりのこと。この時は終盤で連敗を重ねてしまい、ベテランの旭天鵬が幕内最年長優勝を決めた。
昨年の稀勢の里は春場所で13勝をあげ、優勝次点となったことから、続く5月場所以降3場所連続で“綱取り“に挑んだ。...
全部読む

エアK出陣!・2017年グランドスラム開幕(1月19日)
真夏のオーストラリア・メルボルンで現在、テニス4大大会の初戦・全豪オープンの熱戦が闘われている。錦織圭は11日まで行われていた2017年の初戦となるブリスベン国際大会に続く連戦。ブリスベンでは惜しくも優勝は逃したものの準優勝を収め、上々のスタートを飾ることに成功した。しかし、悲願のグランドスラム初制覇に向けては二つの不安要素がある。
一つはブリスベンの決勝で痛めた左臀部の状態。リハビリを行いながら全豪開幕に備えてきたが、一週間の猶予で過酷なトーナメントに挑むことになった。...
全部読む

「野球殿堂」発表・日本が誇るレジェンドたち(1月18日)
名勝・小石川後楽園に隣接する全天候型球場の東京ドーム。野球だけでなく各種イベントやコンサートなどで広く親しまれるこのスタジアムの21番ゲート横に、とある小さなミュージアムが併設されている。「野球殿堂博物館」。1959年(昭和34)に当時の後楽園球場の隣で開館したこの野球専門の博物館は、プロ野球で活躍をした選手や監督たち、また野球の発展に功績を遺した先人らを讃えるための「日本で唯一の野球専門博物館」(公式サイトより)である。...
全部読む

代々木第一を埋め尽くした熱狂・バスケ新時代(1月17日)
昨年は日本バスケットボール界にとって大きなエポックの一年となった。女子はリオ五輪で20年ぶりに準々決勝進出。男子は2リーグ分立問題が解消し、念願のプロリーグ「Bリーグ」が華々しく開幕している。新たなスタートとなる2017年。年明け早々行われた全日本総合選手権決勝で、皇后杯はJX-ENEOSサンフラワーズが4年連続21度目の栄冠。天皇杯では千葉ジェッツが初めての優勝を決めた。
その興奮も冷めやらぬなか、この週末に男女リーグとも夢のイベントが開催。...
全部読む

▲画面のトップへ