JCCテレビすべて
特集 スポーツの神様
2017年04月30日(日)
最新TV速報
     
【スポーツの神様】
ラグビーの風物詩が変わる・日本選手権と世界(1月30日)
29日、ラグビー日本選手権決勝戦が行われ、連覇を狙うパナソニックワイルドナイツとトップリーグ優勝のサントリーサンゴリアスが激突した。試合はサントリーが小野晃征の全得点を叩き出す活躍により15-10で勝利。4年ぶり7回目の優勝でリーグとの二冠を達成した。
かつてラグビー日本選手権は1月15日に行われるのが恒例で、社会人王者と大学王者の一騎打ちの構図だったという印象が強い方も多いのではないだろうか。...
全部読む

“センバツ”出場校決定・注目選手をチェック(1月28日)
3月19日開幕の第89回選抜高等学校野球大会“春のセンバツ”。27日、選考委員会が開かれ出場する32校が決定した。21世紀枠は3校。岩手・不来方高校と岐阜・多治見高校はともに初出場。高知・中村高校は40年ぶり2回目の出場となる。3校とも秋の県大会で決勝進出を果たしているが、中村高校は昨夏甲子園ベスト4の明徳義塾を破り優勝した。40年前の初出場時には、部員わずか12人のチームでセンバツ準優勝。「二十四の瞳」として日本中を熱狂させた。...
全部読む

深刻化するドーピング問題・余波は日本にも…(1月27日)
「私たちの記録も、応援してもらったあの瞬間が事実。あの時実はこうだったと言われても困る」(朝原宣治)。日本が陸上トラック種目史上初めて表彰台に立った北京五輪から8年余り。その獲得したメダルの色が「銅」から「銀」に変わる公算が強くなってきた。国際オリンピック委員会は、北京五輪陸上男子400mリレーで金メダルを獲得したジャマイカチームのネスタ・カーターについて、ドーピング再検査で禁止薬物に陽性反応を示して失格となったため、金メダルを剥奪すると発表した。...
全部読む

8年ぶりの世界王者へ…“八人の侍“追加招集(1月26日)
「年を明けてから日に日に緊張感が高まっていますし、メンバーをどう使うかというところで頭が一杯です」野球日本代表・侍ジャパンを率いる小久保裕紀監督が、3月に開幕する第4回ワールドベースボールクラシック(WBC)の追加メンバー8名を発表した。その内ピッチャーはタイガースの若きエース藤浪晋太郎、イーグルス抑えの切り札・松井裕樹、パ・リーグ防御率№1・マリーンズの石川歩など6選手だ。これで投手は13選手すべてが選出された。...
全部読む

信じ続けた師匠の教え・稀勢の里、遂に横綱へ(1月25日)
今からちょうど一年前。大関・琴奨菊が日本出身力士十年ぶりの優勝を飾った初場所千秋楽。華やかな表彰式を尻目に稀勢の里は「言いたいことは山程あるが、胸にしまって頑張る。自分のやってきたことに間違いはないと信じてやり続けるしかない」と揺るがぬ決意を語っていた。
あれから一年。期待され続けてきたこの大関がその手に賜杯を収める日が来た。横綱・白鵬との千秋楽結びの一番にも勝利し、14勝1敗で堂々の幕内最高優勝。...
全部読む

▲画面のトップへ