JCCテレビすべて
特集 スポーツの神様
2017年01月25日(水)
最新TV速報
     
【スポーツの神様】
J1最終節・CS争いと残留をかけた熱き戦い(11月5日)
J1リーグ2ndステージ最終節。その差わずか「1」で年間勝ち点1位を争う浦和レッズと川崎フロンターレ。レッズは横浜Fマリノス、追うフロンターレはガンバ大阪との対戦。同時刻に始まった一戦は、前半終了時点で0-0のレッズに対し、フロンターレは2-0と優位に試合を進める。この点差のままで終わればフロンターレが逆転で1位となる状況になったが、後半に3点を失いまさかの逆転負け。一方、後半先制したレッズは同点に持ち込まれたものの、1-1のドローで勝ち点を獲得。...
全部読む

大人になったジャンプの女王・高梨沙羅が飛ぶ(11月4日)
平昌冬季五輪まであと15か月余り。1日、毎年恒例の全日本スキー連盟「TAKE OFF記者会見」が都内で行われ、スキー・スノーボードらの男女代表選手たちが一堂に会した。会見ではスキーチームの日本代表の愛称が「SNOW JAPAN」に決定したことも発表された。最年長44歳、ジャンプ男子・葛西紀明は平昌五輪について聞かれ、「40歳を超えても頑張っていけるというのを見て欲しいですし、自分も金メダルを取るのが夢なので、頑張っていきます」と力強く抱負を述べた。...
全部読む

歴史的快挙!・松山英樹、世界選手権を初制覇(11月3日)
日本オープンの初制覇から2週間、この男がまたやってくれた。4大メジャー大会に次ぐ格付けである「世界ゴルフ選手権」。そのひとつHSBCチャンピオンズ(中国・上海)で松山英樹が日本人選手として初めて頂点に立った。
世界ランキング上位10人のうち8人が出場したこの大会。松山は2位に3打差をつけ首位で最終日を迎えた。「きのうはよく寝れましたけど、スタート前は緊張しました」試合後のその言葉とは裏腹に、松山は次々にバーディーを積み重ね首位を独走していく。...
全部読む

“王者の舞い“開演!・熱き氷上の闘いが再び(11月2日)
「非常に悔しいですけど、また試合をやるごとに強くなれると実感できてます」史上初のGPファイナル4連覇を目指す羽生結弦は大会終了後、そう振り返った。カナダ・ミシサガで行われたフィギュアGPシリーズ第2戦。昨季は世界歴代最高点を記録。更なる高みを目指す今シーズン、初戦となったオータムクラッシクでもSPで世界初の4回転ループを成功させた。4つの4回転という超高難度プログラムを「次の試合でノーミスします。...
全部読む

駆け引きと信頼とリベンジ・日本シリーズ閉幕(11月1日)
日本シリーズは第6戦まで熱戦が繰り広げられ、広島東洋カープを4勝2敗で下した北海道日本ハムファイターズの10年ぶり3度目の日本一で幕を下ろした。札幌のシンクタンクは北海道内での経済効果を104億円と算出。四半世紀ぶりのセリーグ制覇を果たしたカープの広島県内での経済効果はさらに大きく、大学教授の試算によると波及効果も合わせて331億円にも上るとされている。在京、在阪でない球団同士の対決は、球団を抱えるフランチャイズの地域経済に莫大な恩恵をもたらしたといえる。...
全部読む

▲画面のトップへ