JCCテレビすべて
特集 スポーツの神様
2017年05月27日(土)
最新TV速報
     
【スポーツの神様】
珠玉の劇的優勝あれこれ(10月3日)
東京ヤクルトスワローズが14年ぶりのリーグ優勝を果たした。延長11回に及ぶ息の詰まるような接戦。劇的なサヨナラ勝ちでの本拠地胴上げである。
 さて、プロ野球での劇的な優勝決定試合は数あれど、本拠地でのサヨナラゲームというのはどのくらいあるのだろう?セントラルリーグでは2000年、ジャイアンツが9回に2本のホームランで4点差を逆転して優勝を果たした。
 パシフィックリーグでは1996年、震災翌年の神戸で、ブルーウェーブ・イチローが放ったサヨナラヒットが印象深い。...
全部読む

念願のスポーツ庁発足!しかし…(10月2日)
いよいよ「スポーツ庁」が10月1日から始動。競泳のソウル五輪金メダリスト鈴木大地氏が初代長官に就任した。世界の主要国にはスポーツ省が存在し、スポーツ大臣の権限も決して小さなものではない。日本のスポーツ行政の地位が向上してきたことは実に喜ばしいことである。
 しかし、オリンピック・パラリンピック施策に関しては、6月に遠藤五輪・パラリンピック担当大臣が任命されたばかり。縦割りからの脱却が目的とはいえ、司令塔がいくつも並立することには一抹の不安がある。...
全部読む

秋山翔吾vsイチロー(10月1日)
ライオンズの秋山翔吾が、142試合目でシーズン安打数を214とし、イチローを抜き日本人最多。マートンと並ぶ歴代トップとなった。この日だけで5安打4打点の固め打ちと打撃が大爆発。重圧の中で素晴らしい集中力だ。
マートンの記録は2010年のもので144試合での数字。1994年のイチローの記録は全130試合時代のものだ。秋山とイチローの安打数を単純に比較することはできない。しかし、野暮を承知で以下に両者の記録を並べてみる。...
全部読む

東京五輪野球・ソフトボール開催の問題点(9月30日)
28日、IOC国際オリンピック委員会に提案する東京五輪での追加種目・5種目が選出された(野球・ソフトボール、空手、スポーツクライミング、ローラースポーツ、サーフィン)。
 大本命の野球は新たに球場を建設する必要がなく、国内人気も高いため大きな収益が見込まれる。東京五輪成功のための有力コンテンツとして、関係者の期待も高いことだろう。
 しかし課題もある。東京近郊のプロ野球ホーム球場は軒並み五輪の試合会場になることが予想されるが、2020年・東京五輪の日程は7月24日から8月9日まで。...
全部読む

遅れてきたルーキー(9月29日)
27日のマジック点灯から一気のリーチ。スワローズが連勝で優勝マジックを1とした。先発した2年目・杉浦稔大は今季初勝利。クライマックスシリーズ(以下CS)に向けて貴重な戦力が揃ってきたのはチームにとって朗報だ。
 …ところで、この杉浦投手。右肩痛での長期離脱からの復帰だが、このシチュエーションはまるでデジャヴのよう?実はルーキーイヤーの先季もキャンプ中に右肘靭帯を断裂、シーズン終盤の9月24日にようやくプロ初勝利を上げている。...
全部読む

▲画面のトップへ