JCCテレビすべて
特集 営業マン横道日記
2019年12月06日(金)
最新TV速報
【営業マン横道日記】
霧と光の競演・東京ミッドタウン広場(その235)
8月12日、その日の午後6時半ごろに、私は六本木の東京ミッドタウンにいた。
夕闇に包まれた、その界隈には、夕涼みがてら、このアトラクションを見ようと人が集まっていた。




先ず、2階辺りから全体を見渡すと、下の階には、足をぶらりと下げて、霧の中に腰かけている人々が大勢見えた。
早速、下の階に降りて、腰をかけながら、足をぶらりぶらりした状態で、時折濃厚となる霧とその中に浮かぶLEDの光の競演を楽しんだ。






帰りしなに、遊歩道を歩くと、緑が強調されたライテングが鮮烈だった。


しかも、プラスチックの白いテントを覗いてみると、『足湯』ならぬ『足水』に人々の足が並んでいた。




8月10日・夏休み初日の東京駅、秋葉原駅の様子(その234)
8月10日、その日私は東京駅丸の内南口の改札を出た。
丸の内の広場に出ると、午後1時半の強烈な太陽が待っていた。


その中に、20メートル四方程の打ち水が張ってあり、子供たちがその水で楽しんでいる様子が目に入ってきた。


真夏の土曜日昼下がりの神田川から隅田川(その233)
8月3日、その日私はJR浅草橋駅から神田川に架かる浅草橋に向かって歩いていた。

浅草橋から、神田川を隅田川に向かってビデオカメラを回すと、かなりの屋形船が浮かんでいた。
川の脇道を歩いて行くと、柳橋に出っくわし、そのまま隅田川に向かって、川沿いのテラスを歩いた。




1週間前の「隅田川花火大会」が終わり、その後がどんな風になっているかを確認したかったからだ。


決行された「隅田川花火大会」(その232)
7月27日、その日の午後2時ごろ私は、浅草橋駅を降りて神田川に出た。
川沿いを柳橋に向かって歩くと、沢山の屋形船はその日の隅田川花火大会に向けた準備に追われていた。



その時も多少強い風が吹き、夜7時時点で、花火大会が実行されるかどうか、微妙な雰囲気もあったが、観光客も併せて、屋形船は準備をし、出港していった。



その夜、その花火大会は無事実行された。


霧にむせぶ夜の街(その231)
7月22日、その日の夜10時ごろ、私は何気なしに眼下の街に目をやった。
すると、いつもくっきり見えているスカイツリーは、姿が見えず、街全体がうっすらと霧にかかっていた。

今年の梅雨はまだ明けずにいる。


過去の記事
1 ... 8 9 10 . 20 30 40 . 55

「営業マン横道日記」内の検索
▲画面のトップへ
ランキング 注目番組 注目パーソン
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
人気ランキング
注目番組