JCCテレビすべて
特集 江戸川シーズンズ
2020年01月30日(木)
最新TV速報
【江戸川シーズンズ】
江戸川・紅葉燃える「殿ヶ谷戸庭園」(その235)

12月8日、その日の朝、8時半ごろJR市川駅から総武緩行線に乗って、お茶の水駅で中央線に乗り換え、国分寺駅まで行った。
駅から数分で、目当ての「殿ヶ谷戸庭園」の入り口に着いた。
青空が広がり、ところどころに白い雲が浮かんでいたが、ダウンコートを着ていたので、寒さはそれほど感じなかった。




園の中に入ると早速、紅葉したもみじの木々が迎えてくれた。
その情景を一目見ただけで、その庭園を選択してよかったと安堵の念がよぎった。
団体客をやり過ごして、紅葉したもみじの有様をじっくりと味わった。




今秋、出会った紅葉の中でも、コンパクトであるが、密度が高いと感じた。
丘があり、小さな滝があり、池があり、紅葉を巡る舞台がそろっていた。

カメラを持つ人々も、スマホだけではなく一眼レフを構える人が多かった。
その人々が、足を止め盛んにシャッターを切っていた。
しかも、留まっている時間が、結構長いことに気が付いた。

子供たちも、先生に連れられて集団で写生をしていたり、他では見られない光景が目についた。

休憩所があり、そこから見下ろすと、赤く燃える紅葉が、一面に広がった。
しかも、赤だけでは無く、茶色や焦げ茶、黄色、黄土色、というように色彩が豊富であった。




結構山谷があり、歩くのに注意が必要ではあったが、その分、高低差が出来、「秋の紅葉」は余計楽しめた。
一周回って見ると、1時間半ほどかかり、朝の散歩にはぴったりであった。


11時を少し回ったので、帰り支度をし、その庭園を後にした。
国分寺駅に着くと、西武鉄道とも交差して、かなり大きな駅であることに気が付いた。

丁度良く、特別快速「東京」行きが来たので、その電車に飛び乗り、その日は帰途に就いた。
市川駅に着き、時計を見ると、12時を少し回った頃であった。

中に着ていたTシャツが、汗に滲んだ感触であった。



戻る
ランキング 注目番組 注目パーソン
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  江戸川シーズンズ
最新の画像  営業マン横道日記
人気ランキング
注目番組